明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

ペンタブ買って1ヶ月。お絵かき生活の始まりをふり返ってみました。

スポンサーリンク

先月。ペンタブを買いました。

ペンタブって、↑これのことです。

パソコンにつなげてお絵かきできる、これです。

 

買ってみてどうだったかを、この記事では書きたいと思います。

 「楽しいです。」 

以上!

…で終わるところではありますが、自分なりのペンタブ使用感などをまとめておきたいと思います。

 

購入までの経緯

ペンタブは、長らく、ずっとほしかったんです。

でも、「ペンタブは難しい」と思い込んでいたのと、何か自分へのごほうび的なイベントとして購入することにしようかな?と思っていて、きっかけがつかめませんでした。

そして、待てど暮らせど、ペンタブを買おう、と思えるような、自分にとって都合のいいようなきっかけは来ない…。

どこか、運任せだったような気がします。

子ども時代だったらそれでいいかもしれないけど、大人になった今、自分の楽しみは自分で積極的に作っていかないといけないな、と改めて思っています。

特に何のイベントでもごほうびでもなかったけど、買いました。 

 

購入したときのことはこの記事に書きました。

我が家にアレがやってきた!楽しいお絵かき生活が始まります~! - 明日も暮らす。

 

こんな絵を描いてきました

本業(?)の家事育児に加え、ブログの記事を書くのに手一杯ではあるものの、何とか時間を作り出して、ペンタブを触る時間を作っています。

 

お気に入り

ぽつぽつと、ブログに絵を紹介してきました。

家族を描くのが好きです。9割、家族の絵を描いています。 

一番、描いていて飽きない対象です。

 

家族

 f:id:umet:20171028135729p:plain

f:id:umet:20171114040012p:plain

 

息子

f:id:umet:20171031065834p:plain



誰からも何も触れられなかった絵…

 (本人すらノーコメントでした!!!)

f:id:umet:20171102105756p:plain

ペンタブってどうなの?勝手にQアンドA!

あくまで素人目線なのですが、1ヶ月前の自分と対話するような感じで、QアンドAコーナーにしてみました。^^;

迷っている方の参考になれば幸いです!

Q.ペンタブって難しい?

A.慣れることで、難しさは感じなくなります(楽しさが勝つ!)。

でも、基本的には、手描きで描けない絵は、ペンタブでも描けないと思います。

(英語を学習している日本語の母語話者が、日本語で話せない内容を英語ではなかなか話せないのと似てる感じします。)

しかし、ペンタブで、トーンやレイヤーを使ったり、いろんな筆の種類を使えば、だいぶ見栄えのする絵になる気がします。

ペンタブに慣れれば、レベルとしては自分で手書きで描ける絵と同レベルの絵なら描けると私は感じます。

さらに、ペンタブで描くことによって、大幅な時間の節約になるとでもいいましょうか。

特に、広範囲に色を塗る時に、時間の節約の効力を大きく感じます。

同じ絵を手書きで描こうとしたら、数倍時間がかかるのでは…と思います。

 

ちなみにですが、この息子の絵は、1~2時間かけて描いています。

(私はたぶん一枚にかける時間が長いほう…かな?)

f:id:umet:20171118093731p:plain

でも、1時間みっちり書き続けていることはなくて、10分描いたらほかのことをし、また10分後に戻ってきて描く…というようなことをしています。

手描きで描いたら3~4時間くらいかかりそうだし、鉛筆やらペンやら絵の具やら、いろんな画材を出すのは手間ですね!

取り掛かりやすく、一時中断しやすいのもペンタブの魅力です。

 

Q.メリット、デメリットは?

A.ペンタブで描いた絵はデジタルなので、保管が比較的容易です。これは大きなメリット!

絵は描いたあと、その絵をまとめておくために、ファイリングなどの手間と場所を必要としますが、ペンタブではその悩みはありません。

また、パソコンに向かっているのと同じタイミングで、絵を描けるのは便利です。

結果として省スペースなのかな、と思います。

ペンタブならパソコンひとつで絵を描けるのに対し、手描きのときは、紙やら画材やらいろいろ広げないといけない。

パソコンひとつで描けるというのは、逆に言えば、パソコンを開けないと絵を描けない(いつでもどこでも、とはいかない)ことでもあり、デメリットともいえそうですが^^;

デメリットは…ペンタブがあると(目に入ると)、ついついお絵かきをしてしまいたくなることでしょうか。

とにかく時間が足りなくなるのがデメリット(と言っていいのかしら^^;)!

ペンタブったら、「時間吸収ポリマー」で出来ている気がしますよ!

↑とんでもない時間吸収力。オムツもびっくりの吸収力。 

 

Q.維持費は?

A.今のところ0円です。

ペン先が磨り減ってきたから、そのうち替えたほうがいいのかな?と思います。

ペンタブに替え芯が仕込んであるので、これを出しますよ!

 

真ん中に替え芯が格納されています。なお、その下の◎みたいなのは、「芯抜きパッド」というそうで。

ここに差し込むと芯は簡単に外せるそうです。

まだ1回も替え芯交換はしていません。

これを使うのも楽しみだ!

f:id:umet:20171128060504j:plain

ここを発見したとき、びっくりしました。

銃の弾倉みたいでかっこよくないですか…!?

 

これからペンタブを買いたい人にお勧めしたいこと

メディバンをダウンロードするといいですよ!

medibangpaint.com

メディバンペイントは、クラウド、豊富な素材、有名フォント、多彩なブラシが無料で使え、
動作はとても軽く、快適にお絵描きできるソフトウェアです。

https://medibangpaint.com/

ぜんぜんまだまだ使いこなしていない私がお勧めするのも僭越なのですが^^;

メディバンを使ってお絵かきすると楽しいです。

ペイントよりも高性能で、いろんなペンの種類もあるし、文字も組み込めて(字体も

たくさんある!)、トーンやレイヤーなど、本格的なお絵かきを総合的に楽しめる無料ソフトです。

今年の年賀状はこれで作っちゃおうと画策中です!

 

メディバン、こうしたら使いやすくなりました!

ずばり、ショートカットキーを使うことです。

直線を書く機能(シフトキー)、

「B」ペンを出す、

「E」消しゴムを出す、

このあたりはよく使います。ぐっと使いやすくなりました!

 

さらにさらに。

ショートカットキーを編集しました。「拡大」「縮小」にショートカットキーを割り振ったら、すごく使えました

絵を描くとき、拡大して見たいときや、縮小して見たいときがたくさんあるからです。

もともとのショートカットキーは、

「拡大」は、「Ctrlキー」を押しながら「+」。

「縮小」は、「Ctrlキー」を押しながら「-」。

ですが、2つのキーを同時に押すのは大変!

なので、

「拡大」は「k」

(kakudaiの「k」)

「縮小」は「c」を当てて使っています。

(chiisakuの「c」…。shukushouの「s」nにしたかったけど、sはすでに使われていました…)

これに加え、絵の位置を調整する「h」を使うようにしたら、ペン先で選択する場面がぐっと減って、絵の拡大縮小、位置調整が簡単になり、すごく快適に使えるようになりました

 

そんなわけですっかり道具の一つとして定着したペンタブ。

なかなか「毎日触る!」というふうにはできないのですが、描きたい対象が近くにいるから、これからも練習していきたいと思います。

 

今がチャンスかもです!

そしてこのタイミングで、楽天セールが開催されるんですって!

12月2日から7日だそうです!

もし、もしペンタブを買おうか悩まれている方がいらっしゃったらチャンス!

ペンタ部仲間になれたら嬉しいです…!

 

f:id:umet:20171118222650p:plain 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子