明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

何を入れよう、ガスコンロ横の引き出し。悩んだ結果、コレにしました!

スポンサーリンク

おはようございます、梅つま子です。

 

今日はガスコンロ横の引き出しの話です。

先日、いつもブログを愛読させていただいている、リシュさん(id:bellbelona39)のところで、こんな記事がありました。

 

www.bellbelona39.com

 

おお、この引き出し!

おまけのようなこの引き出し、何でここについているのか、気になっていたんです。

 

リシュさんによると、

ガスコンロの横にあるこの引き出し、これは火災予防条例等によりガスコンロと壁の距離を15cm以上離すと定められていることをもとに、空いたスペースを利用して各システムキッチンメーカーが設けている収納の様です。
(※ 壁の耐火構造や自治体により異なる)

とのこと!

な、なるほど!

 

グリルが壁ぎりぎりに来るのを防いでくれている、配置上の事情によって設置された引き出しだったのか。

無用の用…なんていったら引き出しに怒られますね。(汗)

 

我が家にもしっかりあります、この引き出し。

 

f:id:umet:20180228050641j:plain

 

いったいこの引き出しの中には、何を入れるのが正解なのだろう?

その形状からいったら、たくさんのスパイスを入れたらなんだかかっこいい。

こういうの入れたらなんだかテンションあがりますっ。

 

ただ、悲しいかな。私はスパイスを使いこなして料理をするタイプでもなく。

スパイスは買ってもなかなか使い切れないし、意外とこういう小さなものって、倒れたり、引き出しの中でごちゃごちゃしちゃったりするんですよね。

 

おたまや菜箸を入れるには、ちょっと引き出しの位置が遠く感じるし、ツール全部入れるのは難しそう。

 

引き出しの奥行きはあるけど、高さはないから入れるものを選ぶ…。

 

さらには、正面にメタルラックがあるから、この引き出しの真正面に立つことはできません。

我が家の場合、真正面に立たなくても出し入れが簡単なもの、という制約も付くのでした。

 

我が家はこれを入れてます。

というわけで、散々悩んだ結果、これを入れることにしています。

f:id:umet:20180228050618j:plain

 

キッチンペーパーです!

我が家でのキッチンペーパの用途は、こんなところです。

■魚や肉のドリップをふき取る

■揚げ物をするときに、揚がったものの下に敷く

■フライパンに油を薄く引く

■魚を焼くときに余分な油を取る 

■豆腐の水ぬき(レンジ)

■油揚げの油抜き(レンジ)

■あくを取る

■落し蓋

レンジで使う場面もあるけど、ほとんどがコンロ周りで必要になることでした。

なので、レンジ横の引き出しにキッチンペーパーを入れておくのは、まさに「ちょうどいい!」

 

他にもあった!メリット。

この引き出しにキッチンペーパーを入れるメリット、考えてみたら他にもありました。

■キッチンペーパーなので、小瓶のように倒れる心配がなく、雑に突っ込める

■キッチンペーパーの専用収納になる

■キッチンペーパーなので、引き出しの中が水や油で汚れることがない

■キッチンペーパー自体を汚さずに保管できる

といったところでしょうか。

 

入れる前は、「何を入れたらいいんだ…!」と悩んでいましたが、キッチンペーパを入れよう、と思い至ったら、キッチンペーパー入れとしか見えなくなったのでした。(笑)

 

冒頭にご紹介したリシュさんのアイディアも「なるほど!」でしたし、この引き出しに何を入れるかって、ご家庭によって個性が現れるのではないかなー?と思うのでした。

 

あ、もうすぐ!始まるみたいですよーっ! 

 

↓「もの、ごと。」ブログのキッチン収納のワザ、参考になります!

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子