明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

食洗機には、酸素系漂白剤を使っています。泡が出すぎる不具合がなくなりました。

スポンサーリンク

昨年2017年から、食洗機ヘビーユーザーになった梅つま子です。

我が家のキッチンには、ビルトイン食洗機があります。

ですが、実に4年間くらい、「あるけど、ほとんど使わない」時期がありました。

 

食洗機を使っていなかった理由

考えてみると、2つほどありました。

手で洗うのに慣れていた

もともと実家でも手洗いしていたし、別に問題を感じていなかったのですよね。

でも、洗うのが精一杯。

拭いて戻すなんて、とてもじゃないけどできない。

その結果、洗った後のかごの下はびしょびしょ、朝になっても水滴が残っていたり。

水滴つきの食器を食器棚に戻すこともできず、結局もう半日かごにおきっぱなし、と言うこともザラ。

 

食洗機にうまく入れられない

ちょっとしたパズルのようで。

6人分入れられる、と我が家の食洗機の取扱説明書には書いてありますが…。

パズルが苦手な人間としては、それなりに慣れてきた今でも、4人が限界だろう、と思っています。

 

食洗機を使うようになった理由

以前(半年ほど前です)、こんな記事を書きました。

www.tsumako.com

 

そのときの写真です。

f:id:umet:20170729054436j:plain

食洗機を使うようになった理由。それは、もうこの景色を見たくなかったこと…!

これに尽きます。

この山をくずさないように取り分けて、場合によっては拭いて、食器棚に戻すのは嫌だ。

それにこれじゃ、食器が割れるのも時間の問題。

 

そして出てくる食洗機用洗剤問題。

食洗機を使うとなると、出てくるのが、洗剤をどうするか。

 

包装しはがしにくい問題。

当初は、食洗機用の洗剤「フィニッシュ」を使っていました。  

 
by カエレバ

個包装タイプだと、一回ずつ軽量しなくてよいので楽なのですが、包装紙をはがすのが毎回うまくいきませんでした。ザ・不器用人間。

 

追記:
今は「溶けるフィルム」なるものにくるまれているそうで、一個ずつはがす必要がないそうです。私が使ってたのは旧タイプのようでした!

【フィニッシュ】 パワーキューブ Mサイズ (60回分) (食洗機専用)|製品情報|公式サイト|RB

 

泡だらけ問題。

その後、液状洗剤に変えましたが、量の調節がうまくいかず。

ありがちですが、ついつい多めに入れてしまっていたのでしょう、食洗機の中が泡だらけになって運転が止まってしまうという事態に数回見舞われました…。

 

現在:酸素系漂白剤に落ち着きました。

今は、酸素系漂白剤を使っています。

f:id:umet:20180114101328j:plain

無印のバスソルト用容器に入れています。

こちらを参考に、使用するのは、毎回5グラム。

■過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の使い方:キッチン - 石鹸百科■

ふた1杯が15グラムなので、5グラムは三分の一。

こんなもんです。

f:id:umet:20180114101557j:plain

 

余談ですが、重曹とかクエン酸でもいけるのでは?と思ったら、メーカーでは推奨していないみたいですね。

食器洗い乾燥機で使える洗剤

専用のクリーナーとか、ある種の洗剤が推されていますね。

 

楽天でたまに買う酸素系漂白剤。1キロ入って、400円弱。

1回5グラムだから、200回使えますね。

1回2円しないという計算になる…。安い。

 

食洗機に入れます。

 f:id:umet:20180114101700j:plain

まだ上手には入れられないけれど、それなりに食器に隙間をあけつつ配置することができつつあります。

洗剤投入口に、洗剤の代わりに酸素系漂白剤を入れています。

f:id:umet:20180114101815j:plain

ざっと洗ってざっとすすいでから食洗機に入れているから、ということもありますが、酸素系漂白剤を使って不便が出たことは今のところありません。

洗浄・乾燥時間の短いスピーディーモードでやっていますが、汚れはよく落ちている様子。

 

なにより、食洗機内で泡が出すぎて途中で止まる事態もなくなったのがうれしいのでした。

 

f:id:umet:20171202105029p:plain

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子