明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

100日間連続更新記念!書き続けた100日間に読まれた記事ベスト5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここのところ、朝5時~6時くらいにブログを投稿することが日課になってきた梅つま子です。

昨日、ブログを更新していたときのこと。

おや…?

おお、99日!

f:id:umet:20171212164047p:plain

 

気がつけば、この100日というもの。

毎日ブログを更新し続けていました!

ついでに投稿記事も600超えてました~!

 

キリの良い数字なので、”勝手に100日連続更新記念”として、「一番読まれた記事」を紹介してみます!

 

「今月一番読まれた記事」のようなエントリーって、一度はやってみたいなーと思ってあこがれていたのですが、はてさて、どうやったらわかるのか、よくわからずにいました。

 このたび、ちゃんと調べました(笑)

 

というわけで、この100日の間に一番読まれた記事ベスト5のご紹介です! 

 

集計期間は、2017年9月4日~12月11日としました。

 

お役立ちサイト

ちなみに、「今から100日前っていつよ…?」と思ったとき、こんなサイトが役に立ちました。↓

日数計算サイト 

「子どもは生後何日かな?」「結婚してから何日経ったんだ?」とか調べる時とかに使えそうですよ~!^^

当然、古い記事のほうが、公開された期間が長いので、目に触れるチャンスも多いかと思いきや、意外なことに、11月に書いた記事も、上の順位にありました。 

 

では早速行きましょうー!

 

第5位

ダイソーの耐熱ガラス食器を買ってきました。無印のPPボックスにぴったりフィット!

umet.hatenadiary.jp

 

ダイソー耐熱ガラス食器の記事が5位に。

このガラス食器、これとってもよかったです。

冷凍庫で使う予定が、おかずが余った時に頻繁に手を取るため、どちらかというと冷蔵庫で活用しています。

■冷蔵庫の中でスタッキングできる

■ふたがバチッとしまる(密封ではありませんが)

このあたりがお気に入りポイントです。

もう一つ大きいサイズも買おうかとも考えています。

 

第4位

子どもに粉薬を飲ませるときの3つの道具。

umet.hatenadiary.jp

 

粉薬を飲むの、今は娘はすっかり上手になりました。

(たまたま、処方される粉薬が甘いタイプのが多いからだと思います^^;)

ここのところは、

■ティースプーンの上に粉砂糖を置く(親がします)

■スプーンごと口に含む

■水で流し込む

という一連の動作ができるようになりました。

そのためスポイトやれんげは、今のところ出番がなくなってしまいました。

おそらく、息子がもう少し大きくなったら、記事に書いたこの方法を再び使うかな?と思います。

シロップ派のご家庭も多いのかな?シロップは、量を測るのがなかなか難しいことからギブアップました。ほとんどの場合、粉薬で処方してもらっています。

 

第3位

断捨離相談!「教えてがっちゃん!これって捨てていい?」第8回 こんな風になりました!~ビフォー&アフターと、収納の配置~

umet.hatenadiary.jp

 

「おしがつ」ビフォーアフターが3位に入りました!

いまだかつて、片づけでここまでスッキリを味わったことはなかった私です。

 

スッキリした部屋がいつでも一部屋あることは、我が家の安心であり、底力になってくれています。

ちょっと腰をすえてしっかりやりたい作業や、ダイニングを使わずにささっとしたいことで力を発揮してくれています。

■アイロンかけ

■書類をカッターでカット

■梱包

■切手を貼る

■メモを書く

などなど。こんな感じで、一日に何回か出番があります。 

 

第2位

【ナチュラルクリーニング】我が家のトイレ掃除の仕方。市販の洗剤は使いません。

umet.hatenadiary.jp

 

トイレ掃除にアルコール、クエン酸スプレー、重曹を使っていることを書いた記事が2位でした。

トイレ専用の洗剤を持たないことで、管理する洗剤の数をひとつ減らせています。

これ、なかなかどうして、いいですよ。

■あとどれくらいでトイレ用洗剤なくなるんだったっけ?

■レジ袋にトイレ用洗剤とお肉を一緒に入れたくないなー

■とりあえず買っておいたけど、まだ1本予備があった!置き場所どうしよう~!

…などなど。

トイレ用洗剤がないということは、こういう思いをしなくて済むということなのです!(力説^^;)

 

第1位

【体験記】産後1年にして、桶谷で母乳マッサージを受けてきました。

umet.hatenadiary.jp

 

第1位は、桶谷での母乳マッサージの記事でした!

痛くてどうなるかと思って電話して桶谷に駆け込んだあの日以来、ずっと快調です。

母乳の分泌量が減りつつあるというのも一つだと思いますが、やっぱりあのとき桶谷のマッサージに行ってよかったです。

■混んでる

■お高い

■なんとなく敷居が高い

■なんとなく厳しそう(食生活とか指導されそう…)

というイメージで、近づきがたかったのですが、本当に行ってよかったです。

痛いのはつらいですよね!眠れなくてどうしたらいいのかわからなくて苦し紛れにお風呂に入った夜がありました…。

そのおっぱいが痛いと、あなたも苦しい。あなたが苦しければ、赤ちゃんもつらい。

行こうかどうか悩んでいらっしゃる方の背中をそっと押したいです、私は…。

桶谷に行けるのは、おっぱいあげてる期間だけですもんね。この期間を逃したら、行きたくても行けません(笑)

桶谷の助産師さんのマッサージの妙技をこの体で受けたことは、忘れがたい思い出です。

 

以上、書き続けた100日間に読まれたベスト5の記事でした。

 

急きょやってみた自己満足企画でしたが、注目記事とはまた違う結果になって、自分としては意外さもあって「ほおー」「へえー」という感じでした^^

お付き合いくださり、ありがとうございました! 

f:id:umet:20171202105029p:plain

やれてよかったですー^^

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子