明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

【プチDIY】キッチンにニトリのホワイトボードを取り付けました。

スポンサーリンク

冷蔵庫にあったら便利なもの、ホワイトボード。

 

欲しいなあ、どうしようかなーとずっと考えていました。

でもいつも断念。

なぜなら、うちの冷蔵庫。

フレンチドア(観音開き)なんですよ…。

ホワイトボードを貼る余地がない…!

 

なので、こりゃ無理だなーとあきらめていたのですが、

やっぱりホワイトボードが欲しい。

家族の連絡にも便利だし、

買い物のメモとかしたい。

 

ないならつけちゃうか。

場所つくっちゃうか。

そういう気分が盛り上がり、キッチンにホワイトボードを導入することを決定!

 

まずは、

ホワイトボードのリサーチからはじめました。

 

見つかったのが、ニトリのもの。

ホワイトボード MBR | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

 

ホワイトボードには珍しく、木枠がついていて、かわいいんです!

サイズは3つ、

45センチ×30センチ

60センチ×45センチ、

90センチ×60センチが売られていました。

この中で一番小さい、45センチ×30センチにしました。

 

2人の子を連れて、いそいそと頑張ってニトリのお店に行ったのに、

なんと、このサイズだけ欠品でして…!(涙)

聞いたら、翌日に入荷予定だそう…。

 

一応、予約だけさせてもらって(なぜか、10日後にしか予約できませんでした)、

もし、それよりも早く店舗に来て購入できたら、その時点で予約キャンセル、というようにしてもらえました。

そして案の定、やっぱり、早く欲しいー!となって、

予約よりも前に店舗に出向きました!

 

やっと入手。

f:id:umet:20170823060028j:plain

お値段、驚きの税込みで401円。

安いなー…!

 

そしてここからが、ちょっとだけDIY。

この間の楽天お買い物で買っておいた、吊りカン。

 

あとは、家にあったキリを用意して。

f:id:umet:20170823060042j:plain

 

1.キリで穴を開け

2.三角吊りカンをセットして

3.釘を押し込む

 

というステップで、三角吊りカンは簡単に取り付けられます。

 (カメラのふたのカスタマイズでも使ったピンバイス、一応用意しておいたけど、要らなかった!!)

  

こんなふうに4箇所、三角吊りカンを取り付けました。

f:id:umet:20170823061024j:plain

 

三角カン、実際に必要なのは、上の2箇所だけですが、

フックにかけても大丈夫なように、紐を渡すための吊りカンもつけておきました。

 

それからこれ!

f:id:umet:20170823060020j:plain

 

みんな大好き、無印の壁につけられる家具!

短いほうの長押です。

www.muji.net

メルカリでお安く手に入りました。

 

ホワイトボードを取り付ける前に、

無印の長押を、こんな風にセットしておきました。

f:id:umet:20170823060348j:plain

 

そして、ようやくホワイトボードの設置へ。

 

ホワイトボードを吊り下げるためのフックは、

毎日見るものだから、奮発して、かっこいいのにしました!

お値段、ホワイトボード本体の2倍以上する!^^;

でもいっぱい入っててお得な感じもします。

 

使ったのは、一番小さいもの。

かなづちを使わなくても手で押し込めました。

f:id:umet:20170823061017j:plain

 

早速、ホワイトボードを掛けます。

f:id:umet:20170823061037j:plain

 

ようやく、取り付け完成!

f:id:umet:20170823060049j:plain

 

無印の長押は、ペンの置き場にしています。

他にペンの置き場があれば、別に長押はなくてもいいんですが、

ひじがあたる位置にあり、あるとなぜか、描きやすいです。

ちょっと左手を添えたり、磁石を置いたり。

 

ホワイトボードを取り付けたことで、キッチンにますます生活感が出た感じがしますが、自分にとっての使いやすいキッチンに一歩近づいたかな?

家族のスケジュール共有や、

私のTO DOリストを書くのに、活用したいと思います!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子