明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

遠距離ママ友のススメ!ブログを始めて、地域外にママ友ができました。

スポンサーリンク

娘を出産してはや4年と1ヶ月。

娘の年齢が、そのまま、母親歴です。

今日は、ママ友の話を書こうと思います。

 

ママ友って、付き合い大変とかめんどくさいとかいろいろ言われているけど、

いろんな情報をもらえたり、励まし合ったり、

私にとっては、ありがたい存在です。

(とはいえそれほど人付き合いが得意なほうではないので^^;、

すごく親密!というよりは、ときどき連絡をとったり、たまーにランチしたり、の感じです。)

 

そんなにたくさんママ友はいるわけではありませんが、

・娘の保育園のママ友

・娘の幼稚園(予定)のママ友

・マタニティフォトで出会ったママ友

親疎関係はそれぞれで、いつも連絡を取り合ってお互いの状況をアップデートしているわけでもないですが、まずまず気負いなくおしゃべりできるママ友と呼べる人が、数人はいるかな?という程度です。

 

特に保育園の書類関係のことや、流行っている病気のこと、

評判のいい近所の小児科、子連れで行けるレストランや、よさそうな公園、児童館など、

子育てに役立つ、大事な情報は、住んでる地域と密接なかかわりがあることが多くて、

ママ友=近所に住んでる人

の図式が、完全に私の中で定着しました。

 

ところが最近になり、

自分が、はてな団地というバーチャル空間に居住する「はてな団地妻」であるということに気付きまして!

はてな団地にはいろんなママたちが住んでました。

 

はてな団地については、がっちゃんの記事をご参照ください!

www.gu-gu-life.com

りんごちゃんこそ、首都圏在住ですが、

がっちゃんスミちゃんも、リアルでは遠い…。

たぶん、実際に会おうと思ったら、新幹線?飛行機?の距離だと思われます。

日帰りでは難しそうな距離にいる、遠距離ママ友です。

 

ママ友といったら、近所のママさん。

同じ地域在住じゃなかったら、状況違いすぎて、話すことなくない?

…と思っていた昔の自分に言いたい。

 

むしろ逆だよー!

 

この遠距離具合がまた、いいんですわ。

 

3人目の子どもの話。

なかなか顔を突き合わせては言える話題でもないし、聞けないし。

・りんごちゃんの話。

三人目を少し考え始めている私。いやしかし、現実は厳しい。 - りんごの時間。

・がっちゃんの話。

毎日ギリギリで生きてるんだけど、3人目欲しいのは別件。 - gu-gu-life’s blog

・スミカちゃんの話。

ひとりで3人!?無理無理無理!ー我が家の3人目会議ー - となりのスミカ

 

ご近所さんに触発されながら、私もしばらく前まで3人目を考えてみてました。

進め、チームツナマヨ(仮)。~我が家に3人目の赤ん坊は来るのか?~ - 明日も暮らす。

(ちなみに、3人目は、今は、考えていなくて、我が家では4人家族がしっくり来るかな、と思っています。もちろん、縁があって赤ちゃんが来てくれたら、そのときは全力でウェルカムします。)

 

 

3人目の話題のほかにも、

幼稚園選びの話。

習い事の話。

親戚づきあいの話…。

 

自分にとって大きな考え事だし、なかなか一人では考えが進まないところもあるので、リアルでも、しゃべりたいし他のママたちの意見を聞いてみたい気もするけど、近所のママたちとはお互いの状況を知りすぎていたり、逆に知らなすぎたり。

知り合いの第3者が絡んで気まずくなったり、何かの拍子に、悪気はなくとも噂話に発展したりするとちょっと困るな…、というような心配もあり、気軽には話題に出せなかったりします。

でも、それが自分にとっては大きな関心事であり、悩みであるのは事実。

話したい!話すことによって解決したいし、解決しないまでも、前進させたい!

 

そんなとき、バーチャルなご近所であるはてなブログのママたちは、

遠距離ママ友になってくれました。

 

事情を話すうちに、自分の感じているもやもやが明らかになったり、

状況を客観的に認識できたり。

 

たとえば幼稚園・保育園の事情など、同じ地域に住んでると、問い返すまでもない「当たり前」がそうではなく、地域によって事情が千差万別だったりするので、

新鮮な気持ちで話せるし、聞けます。

 

対面じゃなくて、ネットを使ってのコミュニケーションなので、

誰かのおうちにお邪魔して、あ、そろそろお迎えの時間?

遅くまでごめんね!お邪魔しましたーということもなく。

 

バーチャル井戸端会議に、参加できるときに参加して、お互い寝落ちもあり。

遠いどこかで育児に奮闘している誰かを知ることで、すごくがんばれる気持ちになる。

 

もちろん、ブログじゃなくてもいいのかも。

私がたまたまブログをやっていただけなので、他にも

それこそダイレクトに、ママ友募集するツールが、私の知らないところであるのかもしれません。

 

でも、ブログを書いている者同士で、

お互いがお互いの読者だからこそ、

価値観や好み、状況を共有して、

興味深く、でも踏み込まずに、お互いゆるく応援できる気がします。

 

遠距離ママ友っていいよー、

と、ご近所ママ友しか知らなかった、昔の自分の耳元にささやいてやりたいのでした。

 


☆☆えこ (id:Alstroemeria) さま☆☆
はてなブックマークに、カテゴリーの質問ありがとうございます!
私のやり方ですが、記事は見返さずに、自分が書いてきた記事をざっと思い出して、紙に書き出し、カテゴリーを作りました。
「住まい」「暮らし」「子育て」あたりが中心かな?と思っています。
この作業、なかなか時間がかかります…^^;
作業が終わったら、ご報告をさせていただきますね!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子