明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

簡単すぎる茹で鶏レシピ。茹で汁まで美味しい、しっとり胸肉です!

スポンサーリンク

おはようございます。鶏肉大好き梅つま子です。

今日も料理ネタです!

 

いきなりですが皆様、鶏肉はお好きですか?!

私は、大好きですっ!!

ときどき無性に鶏肉が食べたくなり、年に2度くらい、ケンタッキーに駆け込むことがあります。笑

 

今日は、我が家で欠かさず作っている茹で鶏のご紹介です。

塩味だけの、万能茹で鶏。

胸肉で作るけど、ぱさつかず、しっとり仕上がります。

この茹で鶏を作るので、我が家ではほとんどハムを買いません。

この私が、面倒がらず作るくらいなんで、面倒な工程が一切ない、ずぼらレシピですよー☆

一度覚えたら、作るのも本当に簡単です。

 

用意するもの

鶏胸肉……1~2枚

(皮付きか、皮なしかは、お好みで!私は皮付きをいつも選んでいます。)

酒……大さじ1

塩……小さじ1

 

今回はどーんと1キロ袋で買いました。

f:id:umet:20180216065729j:plain

4枚入っていましたので、2枚使います。

 

残った2枚は、凍らせちゃいます。

ドリップがこぼれないように、袋ごとビニール袋に入れて、冷凍庫へ。

f:id:umet:20180216065813j:plain

 

なお、使うお肉は、常温でしばらく置いておきます。

なぜかというと、冷えすぎていると、茹でるときに中まで火が通りにくく、生煮え状態になってしまいます。

お肉からドリップが出てたら、キッチンペーパーでふき取っておきます。

 

作り方

1.おなべの中に胸肉を入れ、塩小さじ1となじませて、5分くらいおきます。

そして、水を、お肉が全部水没するくらい入れます。お酒大さじ1も一緒に。

f:id:umet:20180216065858j:plain

 

2.火にかけます。

f:id:umet:20180216070113j:plain

強めの中火くらいで。

 

3.沸騰させる過程で、アクが浮いてきますので、適宜とります。キレイにとりきらなくても大丈夫。この辺は、適当で、感覚で!

f:id:umet:20180216070143j:plain

 

4.完全に沸騰したら、そのタイミングでふたをします。

 

5.お湯が十分に冷えるまで、放置です。ふたは開けないように。

 

6.おなべに触っても熱くなく、十分に冷えたところで、ふたを開けます。

浮いている脂やアクが気になるようならここで取ります。

f:id:umet:20180216070246j:plain

 

7.スライスします。

f:id:umet:20180216070434j:plain

ここでぜひ、つまみ食いしましょう!

まだあったかい茹で鶏、サイコーです!

思い思いに、ビールなどを片手に…。

 

厚さはお好みですが、5ミリくらいの厚さにしています。

包丁を研いでおくと、スムーズに包丁が入って気持ちいいですよ!

f:id:umet:20180216070517j:plain

 

8.保存容器に入れます。

f:id:umet:20180216070659j:plain

9.このとき、煮汁も一緒に入れておけば、鶏肉はしっとりしたまま保存できます。

f:id:umet:20180216070627j:plain

ね、おいしそう。

f:id:umet:20180216070843j:plain

10.茹で汁を袋に入れておきます。

こんな風に、計量カップにビニール袋をセットすると入れやすいですよ!

f:id:umet:20180216070943j:plain

こんなふうに、1カップくらいずつ、2袋できました。

f:id:umet:20180216071028j:plain

 

しばらく使わないことがわかっていれば冷凍してもいいですが、私の場合、すぐに使うので、冷蔵庫に入れておきます。

 

茹で鶏の使い道はたくさんあります。

それはもう、何の上にも乗せられる!くらいなもので…。

■そのまま、ちょろっとしょうゆやそばつゆをかけて。

■カレーやラーメンの上に乗せて。

■刻んで、ポテトサラダに混ぜて。

■サラダや冷奴の上に乗せて。

■トーストの上に乗せて。

私はお酒飲まないんだけど、お酒とも合うと思うんですよねー!

 

そして私は、今もっぱらこれなんです…!

f:id:umet:20180217111954j:plain

アボカドと一緒に、マイユの粒マスタードを添えて!

f:id:umet:20180217112024j:plain

肉×アボカド、満足度があるんです!

こういうメニューは、お店で食べると高いし、そもそも、育児中の今はこういうメニューを出してくれるお店になかなか行けてないです。

満足度が高いのは、「女子ランチ」的気分を味わえるからかも?!

 

そして、茹で汁は、こういうものに化けます!

あるとうれしい、あったまる。

かきたま汁!

f:id:umet:20180217053133j:plain

茹で汁だけじゃ、家族全員分にはちょっと足りないなー、と思えば、だし汁をプラスします。

お鍋に入れたら、茹で汁にすでに塩味がついているので、ちょこっとしょうゆをプラス。

片栗粉でとろみをつけて、溶いた卵をとろーり。

 

順番を忘れがち(笑) 

ところで、かきたま汁を作るときは、いつも「片栗粉と卵、どっちが先だっけ!?」と混乱します。

片栗粉が先ですね。あいうえお順と覚えよう…笑)

 

余談ですが。

昔、台湾出身の友人が、魚とか肉類では何が好きか?という話をしていたときに、

「脚が少ない順に好き」(←こういうしゃれた表現は、彼女独特なのかなー、それとも文化的背景によるものなのかな)と言ってました。

「魚、鶏、同着で豚、牛」ということですね。

うんうん、私も同じです!

 

魚ってすごいな。

もちろん養殖もあるけど、天然の魚は、海が勝手に育ててるんですもんね…。

そして、鶏もやっぱりすごい。

茹でても焼いても揚げてもおいしいし、さらに茹で汁までおいしいなんて、えらいな。

 

余談その2

先日遊びに行った高校時代の友達のおうち、キッチンにシャトルシェフがあったのです。

なんでも、お母さんが長年使っていらしたそうで。

娘である彼女も、便利に使うようになったのは、自然な流れだったそう。

「カレーなんかは作ったらここに放り込んじゃえば、煮崩れなく煮込めるよ!」とのこと。

 

シャトルシェフ、ただいま絶賛、気になり中です。

 

茹で鶏、今のままでも、美味しく作れてはいます(自分比)が、シャトルシェフで作ったら、よりやわらかく仕上がったりするのかな?!

どんなのが作れるのか調べて、よさそうだったらほしくなっちゃいそう。

でも、キッチンが狭くなるな…。悩む悩む。

 

シャトルシェフは、ひそかに悩み続けるとして。

 

茹で鶏、ヘルシーだし、作り方は簡単。

さらに胸肉はお値段もお安いので、おすすめですよー!^^

 

 

梅つま子

 

↓「もの、ごと。」ブロガーにしていただけました!

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子