明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

常温保存の野菜置き場。ニトリに手頃な木製プレートがありました。

スポンサーリンク

おはようございます、梅つま子です。

 

突然ですが、野菜って、冷蔵庫に入れない野菜もありますよね。

玉ねぎとか。アボカドとか。

 

えーと、ほかに何でしたっけ。

<保存の基礎知識>

冷蔵庫に入れない野菜

野菜は育った環境に近い環境で保存することが大切です。

そのため原産地が熱帯や亜熱帯地方の野菜は、

やはり低温環境に弱く冷蔵障害を起こしやすいことから

冷蔵庫が向かないといわれています。

里いも、なす、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、じゃがいもなどは

10〜14℃の保存温度が最適ですので、

冷蔵庫保存は避けましょう。

ただし、野菜はカットするとエチレン(老化植物ホルモン)が発生しやすくなります。

ですからカットした後はラップをしたり、

ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存する方が良いでしょう。

 

●該当する野菜たち

【 夏野菜 】きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、なす

【 秋野菜 】じゃがいも、玉ねぎ、さつまいも、里いも

<保存の基礎知識>冷蔵庫に入れない野菜|もっと野菜を。もっと食卓に。|キユーピー

 

 そうそう、かぼちゃとか、さつまいもとかも。

(きゅうりは知らなかった…!キユーピー先生、ありがとうございます。)

 

いつも、キッチンの端っこにごろんと転がってる野菜たち、

「ちゃんとした置き場を作りたいな」、と思いました。

 

常温野菜の置き場所問題

最初は、「竹ざる」を考えました。

こういうのとか。

こういうのとか。 

 

いろいろ物色しているうちに、

ちょっと不安になってきまして。

 

■ガタガタ不安定になりそう?

■網目の間にゴミが入り込みそう?

■お値段、意外と高そう?

 

このあたりのポイントがネックでした。

どうしようかな…とニトリをうろうろしていましたところ。

 

出会ったのがこちら!

 

竹ざるじゃなくて…

木製プレート!

カクプレート(アカシアQ1302/L)

 /ec/images/Image/catalog/8964077/200X310/896407705.jpg

(画像お借りしています)

 

楽天だと、この商品↓にとても似ています。 

 

ね。

f:id:umet:20180323055818j:plain

店舗で、在庫一枚一枚吟味しながら、

一番かわいい(つま子調べ)のを選びました。笑

 

木製プレートなら、竹ざるで不安だったポイントをすべてクリアしています。

 ■ガタガタ不安定になりそう?

→しっかり安定!がたつきません。

 

■網目の間にゴミが入り込みそう?

→網目なーし!土汚れなどがついたら、さっと洗ってもいいし、拭きとってもいいし。

 

■お値段、意外と高そう?

→税込699円。買い替えの必要もないだろうし、これから長く使っていくことを考えれば、まさに「お値段以上」。

当たり前だけど、木製だから、

電子レンジも食洗機もダメですね。

f:id:umet:20180323055953j:plain

いいんです、野菜置いておくだけだから。

それに、磁器やガラスの器と違って、割れる心配をしなくていいのは大きなメリットです。

 

早速並べてみましょう。

f:id:umet:20180323060200j:plain

玉ねぎとアボカド。

 

なんか…絵になるような?

f:id:umet:20180323060259j:plain

キッチンのアイランド部分に置いています。

この空間、茶色でまとまって、キッチンのアクセントになりました。

 

ちなみに、隣に置いてあるのは、紙和のボックス。

これ!

この画像みたいに、グリーンを入れてもかわいいけど。

このボックス、

食パン入れるのにぴったりなんです。

ブレッドケースを買うよりも場所とらずだし、

素朴なたたずまいが気に入ってます。

 

f:id:umet:20180323060715j:plain

 

こういう木製プレートって、角型より、丸型が多いと思います。

丸型もかわいいですよね。

見ると欲しくなる。笑

でも、ここは角型にしてよかったです。

 

まず、トレイを敷いて、その上に木製プレートに乗せているのですが、

プレートの角の部分が、トレイにぴったり合って気持ちいいです。

f:id:umet:20180323060932j:plain

デッドスペースも最小限で済み、無駄のない感じ。

f:id:umet:20180323061506j:plain

ぴったり。

 

キッチンに出しておくと、

野菜が目に付いて、

早く使おうと思うし、食卓に忘れずに出せる気がします。

 f:id:umet:20180323060259j:plain

フルーツもいいなあ。

オレンジとか、りんごとか、梨とかを並べても、きっとかわいい。

 

木製プレートの導入で、

キッチンに、お気に入りのグッズがまたひとつ生まれたのでした。

 

ちなみに。

ニトリの店舗で、これをもらいました。

f:id:umet:20180323070816j:plain

収納BOOK!

以前からあったのかな?知りませんでした。

 

ぱらぱら中を見たら。

f:id:umet:20180323070922j:plain

おや!

f:id:umet:20180323070949j:plain

なんといいますか!

f:id:umet:20180323071021j:plain

うん、好きな感じ!

ちょっと身近な素敵さ☆

 

これならできるかも、やれるかも!と思える感じがまた…

収納好きのココロをついてきます、ニトリさん。

 

追記(2018.3.25)

この記事に紹介したニトリのカタログ「収納book」は、

ニトリの店舗の片隅にあったラックに置かれていました。

(ご自由にどうぞ、のスタイルでした)

ページ数35ページで、無印のカタログに比べると10分の1の厚さです。

ぱらぱらと気軽にめくって、おうちに取り入れられそうなところを探すのに最適な感じでした^^

ぜひ探してみてください☆

 

 

 

これからもちょこちょこ、ニトリの店舗をのぞいてしまいそうな、梅つま子でした。

 

そして今晩から始まる、例のお祭り。 一体何を買おうかな~と、私は今日の日中ずっと考えていることでしょう。笑

 

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↓暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子