明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

【無印】メイクボックスのインナーケースを、さらしで自作しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます、梅つま子です。

 

無印で買い物してきましたー!

いやー、恐ろしい。

店舗に行けば行ったで、なんだかんだ買っちゃいますよね。

無印週間、恐るべし。

 

無印の店舗で購入したもの。

f:id:umet:20180329134251j:plain

メイクボックス1/2と、仕切板。

仕切板は、ハンカチの収納で使う予定です。 

 

メイクボックスってたくさんの大きさ・種類があるけど、

結局、一番のお気に入りって、この「1/2」のサイズかもしれません。

www.muji.net

 

このボックス、我が家では、 

■洗面所の下の引き出し

■冷蔵庫の中

■リビングのオープン収納

 に使っております。

今回新たに買い足した2つは、

■キッチンのアイランド収納

■トイレのクリーナー収納

 で使います。

 

キッチンのアイランド収納で

f:id:umet:20180329140521j:plain

お茶漬け入れてます。

ドン引きされるかもしれませんが、業務用の50個入り…!

お茶漬けだと、ご飯の進みの遅い娘も、自分でパクパク食べられることがわかりました。

夫と私が、ちゃちゃっと食べたいときにも。

3人がそこそこ食べるので、減りが早いのです。

 

トイレのクリーナー収納に

f:id:umet:20180329140452j:plain

ここは、もう一つ浅いサイズのを使っていましたが、

トレーごと運びたいとき、スプレーボトルたちが倒れそうになっていました。

使いにくかったので、交換しました。

この深さなら、安心。

 

このボックスの魅力

何が使いやすいのかって、その深さ

指を突っ込めば底に届く、その深さ(浅さ、ともいう)がちょうどいい。

 

そして、もうひとつ。

手をかける穴がついているところ。

穴がついているといないとでは、持ち運びやすさがぜんぜん違います。

 

ただ、惜しむらくは、この曇りガラスみたいな色が…、なんとも。

時々、白だったらよかったのになー、と思うこともあります。

 

インナーケースを作ってみよう

衣装ケースに目隠しを作ったように、目隠しを作ろうかと思ったのですが…。

「www.tsumako.com

 

このケースには、穴があるため、目隠し自体にも穴を開けないと難しそう。

穴を開ける作業はきっと難しい、と断念し、インナーケースを思いつきました。

 

こんな不織布ケースが、メイクボックスのサイズでも販売していたらいいのになー。 

www.muji.net

 

残念ながら、このボックスに合うサイズは販売していないみたいです。

そこで、インナーケースを自作することにしました。

 

さらしで作りました。

 

さらしって、以前は身近な存在ではなく、

「いったい何に使うの?」って感じだったのですが、

一回使ってみてからは、とりこになりました。

もう、なんにでも使えます。

とりあえず縫ってみよう、と思い立ったとき、

とりあえずさらしで作ってみればいい。みたいな感じで使ってます。

まさに万能。

 

作り方

まず、水通ししてアイロンをかけたさらしを、このように切ります。

f:id:umet:20180330030431j:plain

 

これを、2枚ずつ縫い合わせます。

 

返し口から返す作業は、箸を使って丁寧に…。

f:id:umet:20180330030601j:plain

 

大きい長方形(30×23センチ)を1枚、

小さい長方形(7.5×15センチ)を2枚つくります。

f:id:umet:20180330030457j:plain

 

大きい長方形の長い辺に、小さい長方形を縫い合わせます。

縫い目は内側に出るように、間違えないように…。

f:id:umet:20180330030718j:plain

 

 できあがり

f:id:umet:20180329141052j:plain

若干、サイズには改善点があるかもなのですが(側面の高さをもう少し出してもよかったかも)、

まずまず、イメージどおりに作れました。

ただ、ぺらぺらの布なので、やっとこさ自立しているような頼りなさはあります。

 

f:id:umet:20180329141155j:plain

底面の安定、そして側面が直立しやすいように、最後に、底の2辺も縫ってみました。

 

インナーケースは、どこで使うかというと…。

リビング収納の「簡易救急セット」に使いたかったのでした。

f:id:umet:20180329140943j:plain

入っているのは、体温計や湿布など。

 

ビフォー

f:id:umet:20180329141546j:plain

アフター

f:id:umet:20180329141536j:plain

どうでしょう。

自分としては、インナーケースを作って中身が見えなくなって、気に入っています!

「白い箱」 もどきになったかな?!^^;

 

…それにしても、うーん、物が多い!

いろいろごちゃついてしまっており、

この箇所の収納自体を少し減量したほうがよさそうです。

体温計とか、2本も要らないけど、2本あるー!

 

さらしdeインナーケースのよさ

ともあれ、

「さらしでインナーケースを作る」というアイディアは、自分の好みに合っていました。

 

インナーケース、これを紙で作ろうとすると、「穴をどうするか問題」と向き合わなければなりません。

その点、布なので、指を突っ込めます。

f:id:umet:20180329141641j:plain

こうやって引き出せるようにしたかったので、

さらしのインナーケースはそれができて大丈夫でした!

 

あとは、布なので洗えることもいい点ですね。

洗って乾かしたらしわしわになりそうですが…^^;

 

おわりに

インナーケースのサイズを図りながらやったので戸惑いましたが、慣れたら30分くらいで作れそうなので、家中の無印ボックスに作りたくなりそうです。笑

 

ちなみに、このボックスを置いている収納棚は、リビングにあって、

DVD、母子手帳、おむつなどなどを置いている、

家族になくてはならないオープン収納です。

どの部屋からもアクセスがいいため、どうしても雑多な感じになりがちです。

 

長らく手をつけられなかったこの箇所。

もう少し、見た目にも収まりがいいように整えていきたい、と思っております。

ブログに紹介できる日も…近いかしら!

 

 

3月も、今日と明日でおしまいですね。

今日も、楽しい一日をお過ごしください! 

 

梅つま子

 

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↓暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子