明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

型抜きクッキーよりもずっと楽で、それなりに美味しい!食パンで、手作り風おやつ。

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

4歳娘が、急に、

「ずっとクッキーつくりたいと思ってたのー!」と言い出しまして。 

4歳女子の要求はだいたい急に来ます。ずっと思ってたんかい!

 

ずっと思ってたなら、じゃあ作りますか…、と、ホットケーキミックスからクッキーを作り始めました。

バターを常温にして。

卵と砂糖を用意して。

 

プリンセスがクッキーを作ってる、という感じを演出したかったようで。

f:id:umet:20180526041733p:plain

プリンセスドレス×エプロンという、

やめてくれとしか思えないスタイルでキッチンへ。

しかしながら最近は、好きにしたらいいさ、と無抵抗状態です。そういうお年頃なんだろう…。

 

最初は型抜きが楽しかったようですが、

途中からは包丁にチャレンジしました。

 

そして、ネコの手を意識しすぎて、首が傾く娘。

f:id:umet:20180526041919p:plain

笑。

 

できたのを天板に並べて、

f:id:umet:20180526042010p:plain

 

その日のおやつとなりました。

f:id:umet:20180526042126p:plain

 

クッキーは、おいしかったです!

でも、無塩バターがなかったので、有塩バターを使った結果、

若干重くてしつこい味になってしまって、

娘も意気込んで作った割には、さほど食べず。

(その結果、夫が「仙豆にする」と言って職場に持って行きました。) 

 

手作りクッキーは、美味しいし好きだけど、

ここまでガッツリ甘く、油っこくなくてもいいんだけどな、

と思うこともしばしば。

かといって砂糖やバターの分量を減らすとうまくまとまらなかったりするし…。

 

そして、なんといっても手間がかかるー!

計量して、粉をふるって、バターを溶かして、

全部混ぜ混ぜして、生地をまとめて、生地を寝かせて、

生地を伸ばして、型抜きして、

天板を熱くして、並べて、待って、アチチ言いながら冷まして…

粉類の散らばったキッチンを拭いて、

天板とオーブンを掃除して…。

 

これが非常に大変だ!

大変なばかりか、

オーブンの温度とか、子どもの興奮とか、母のキャパとか、いろんな意味で危険。

 

お菓子作りは、たまになら楽しい。

でも、「美味しいけど、その美味しさのために、そこまでする必要があるかな?」という気がしないでもないです。

お菓子の腕前や、母のキャパにもよるのかも…。どっちも残念なやつだ。

 

とにかく、それぐらい、大変です!

だから、すごく元気なときにしかできないな、と思っています。

 

そんな私でもできる、

「ちょっと手作り感を味わいつつ、でも圧倒的に楽。

それでもって、普通に美味しい、手軽なおやつ」

を作ることにしました。

 

材料

■食パン(我が家では8枚切りですが、お好みの厚さで。)…2枚(1枚でも3枚でも作れます)

■バター…お好みで。食パン1枚につき、5~10グラムくらい

■砂糖…お好みで。食パン1枚につき、5~10グラムくらい

食パンと、バターと、砂糖があれば作れます。

「あ、食パンの賞味期限が明日までだ!」なんてときに、特におすすめです。 

 

作り方

1.食パンをカットします

f:id:umet:20180526042904p:plain

手でつまめるくらい、一口サイズの大きさに。

1~2センチ四方くらいでしょうか。

お好みの大きさでどうぞ。

小さいお子さんが食べるときには、お口に合ったサイズに切ってあげてください。

 

こんな風に型抜きしても楽しいです。

f:id:umet:20180526043614p:plain

※抜いた後のパンは、切って使います。

 

2.フライパンに乗せて、弱火にかけます

f:id:umet:20180526043447p:plain

フライパンが温まればそれで十分です。

こんがり焼く必要はありません。

 

3.バターを加えます

f:id:umet:20180526043741p:plain

このとき、バターはじゅわっと溶けて、周りのパンがそれを即座に吸い取っていきます。

ですので、バターは塊で投入せず、いくつかに切り分けてフライパンに入れたほうがいいです。

そのほうが、パン全体にバターが行き渡ります。

 

焦げないように適宜、菜ばしで転がします。

裏表焼かなくても大丈夫です。

 

4.砂糖を加えます

f:id:umet:20180526044153p:plain

なるべく上のほうからぱらぱらと、全体にまぶすようにします。

 

5.適度に色づいたら、完成です!

f:id:umet:20180526044241p:plain

もとが食パン+バター+砂糖なので、

火を通さなければ食べられないものではありません。

適度に色づけばOKで、焦がさないように注意です。

うっかり火を強めると、砂糖がコゲコゲになってしまいます。 

 

もう少し焼いてもいいかな?くらいでとめておくのが吉。

お皿に盛りましょう!

 

出来上がり

出来ました!簡単手軽、子どもも喜ぶおやつです!

f:id:umet:20180526044438p:plain

小さいのでポコポコと、口に入れやすいです。

 

可愛いお皿を使って、こんな風に並べれば、プリンセス好きの女子は歓喜。

f:id:umet:20180526044511p:plain

 

大人は、カフェオレにぴったりです。

大皿に用意してみんなで適当につまむのも楽しいです。

f:id:umet:20180526044647p:plain

 

何がいいって、

手作りクッキーを作る、70分の1くらいの楽さです。

分量はすべて適当だし、汚れ物は少ないし。

時間も、キッチンで何かをしている間に、5分もあれば出来る。

 

じゃあ、味は、手作りクッキーのほうが70倍美味しいか?と聞かれると、そんなことはないのですね。

素朴な美味しさが、むしろクッキーよりも食べやすいかも。

 

バターと砂糖の分量は、好みに合わせて適宜変えられます。

じゅわっとバターを味わいたければ、バターを大目に。

砂糖のカリカリ感を味わいたければ、砂糖を大目に。

個人的には、あんまり控えめにし過ぎないほうが好きです。

(控えすぎると、ただのトーストになってしまいます…!)

 

食パンとバターと砂糖なので、

市販のおやつよりは添加物も少なく、「手作り風」を味わえます。

そして、 

パンを型抜きすることも出来るので、

子どもの「型抜きしたい心」を満たせるのもまた気に入っております。

 

週末のおやつにもおすすめです☆

では、今日も素敵な一日になりますように!

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子