明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

【ダイソー】フラフープを、プラレールのレール代わりに電車を走らせてみました。

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

突然ですが。

「プラレール」と「フラフープ」。

語感が似てません?!

 

ある日、気づいてしまったのです。

この2つ、語感が似てるだけではなく。

 

プラレールは、

フラフープの中を走らせることができる、と!

f:id:umet:20180622072132p:plain

息子が中に入ったのは想定外でした。笑

 

こうすれば、レール要らず。

プラレールが、フラフープの内径を、器用に走っています。

使っているのは、ダイソーのフラフープです。

 

ちなみに我が家では、

ピンクと青は我が家のカラーではないなーと思って、とっぱらってしまっております。

www.tsumako.com

  

ダイソーで、フラフープの買い足し→大きい輪を作ります

フラフープの輪をもっと大きくすれば、さらに楽しいのでは?と思い、

ダイソーでフラフープを買い足しました。

f:id:umet:20180629001209p:plain

 

輪を大きくしてみました。

普通のフラフープが、8本分で構成されているところ、

このフラフープ↓は、10本分で構成されています。

f:id:umet:20180629001938p:plain

無理やり足したので、やっぱり、不自然にたわんで、ぎりぎり感アリです。

10本分だと、相当怪しいけど、なんとか、輪にはなっている感じ。

これ以上フラフープを足しちゃうと、内側に入ってしまって、いびつなハート形っぽくなり、うまく輪になりませんでした。

 

さらにダイソーにて、「プチ電車」を購入 

同じくダイソーで、プラレールに良く似ている「プチ電車」の、「サンライズ」を買いました。

先頭車・駆動車・後尾車の三両編成。

先頭車・駆動車・後尾車はそれぞれ別売りなので、一両ごと購入する必要があります。

f:id:umet:20180629001241p:plain

 

ちなみに、新幹線とかドクターイエローなど、花形列車たちが売ってる中で、

なぜこの「サンライズ」をチョイスしたかと言いますと。

…私、10年前、これに乗って、新婚旅行に行ったんですよ~! 

行き先は四国。

こんぴらさんとか、大歩危とか、桂浜とか。

今も心によみがえる鮮やかな景色…楽しかったな。

いつか子どもたちを連れて、同じ場所をめぐる旅行に絶対に行こうと思っています。 

 

話が逸れましたが、ダイソーのサンライズ、100円とはいえ、よく出来ていました。

f:id:umet:20180629001250p:plain

中はこんな感じ。

 

f:id:umet:20180629001348p:plain

つなげると、こう。

 

ああ、懐かしい!

そうそう、「サンライズ」、こんな感じだったわ~。

3両ではなかったけれどね。

と、懐かしさに浸ったところで…。

 

フラフープの中を走らせてみました。

鉄道写真にはまるてっちゃんのごとく、走ってくる電車を激写! 

 

…と思ったら、あれ?

写真では、疾走感が…

f:id:umet:20180629001445p:plain

伝わらない!!

f:id:umet:20180629001535p:plain

写真でお伝えするには、私の腕に限界がありました…。

 

ですので、

動画でお楽しみください! 

写真ではどうも疾走感が伝わらないので、こちらでどうでしょう!

本ブログ初、動画を撮ってみました。

 

少しでも伝わったでしょうか、

なかなか滑らかに、我が家の床をサンライズが快走している様子が!

見ていただいてわかるとおり、

フラフープの内側についた波々の部分が、電車っぽい揺れを演出してくれるというか。

引っかかることなく、半永久的にぐるぐる回ってくれます…!

 

フラフープのレールは、そのまんま環状線なので、山手線っぽさありますね。(笑)

山手線を走らせて、東京タワーとか、雷門とか、東京の観光名所とか配置したら楽しそうかも。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

しばらくこの、フラフープ×プチ電車で遊んでみて、

いくつかの良さに気がつきました。

 

フラフープをレールにするとこんな良さがあります。

1.持ち運びしやすい

後から気づいたのですが、フラフープも電車も軽くて、持ち運びがしやすいです。

フラフープは、簡単に解体出来るので、

出かけるときに持っていくのにも便利です。

床で遊ばせておけるような場所に子連れで行くときは、

解体したフラフープと、ダイソーの電車を持っていくと、

お出かけ先でもプラレール気分が味わえます。

 

2.レールを組み立てられない年齢の子も楽しめる(そして親も助かる)

子どもが自分でレールを組み立ててくれればノープロブレムなのですが、

それはまだできないけど、電車自体は好き!という小さいお子さんもいますよね(わが子もです)。

プラレールの商品自体は3歳からのようですが、

3歳より小さくても、電車のおもちゃが好きな子に、

ダイソーのフラフープ×プチ電車の組み合わせ、プラレール前の入門編として最適な気がします。

 

そして、親目線で言いますと、

レールを組み立てるのがプラレールの楽しさなんだろうなとは理解しつつも、

そこを大変に思うのもありまして…(私です…)。

ママ友の一人は、プラレールを組み立てる役目が自分になるのを恐れて、

息子をトミカ派に育てたと言ってました(!)

 

そのうち、フラフープの環状線じゃ満足しなくなる時が来ることは、

想像に難くないのですが、

「とりあえず電車が動き続けていればそれでOK!」の時期だってやっぱりそれなりにありまして(まさに今)。

そうした時期だけでも、親(=私)は助かるなと思うわけです。

 

3.限られたスペースで遊べる

円形なので、省スペースです。

私は今回、フラフープを買い足して10本での輪にしてみましたが、

もちろん、通常通り8本にしてもいいわけで。

 

この写真のフラフープは、8本です。

1歳の息子が中に入って遊べる大きさです。

f:id:umet:20180622072132p:plain

 

輪の中をぐるぐる回る電車なので、部屋を散らかしたくないときや、

遊ばせるスペースが狭いときに重宝しそうです。

 


 

というわけで、フラフープをレール代わりに使った遊び方に、

電車遊び初心者の私は、メリットを感じております。

とはいえ、邪道な感じたっぷりですので、

プラレールのファンの方には、お目汚しでは…!と思いつつ、

おそるおそるとプラレールの沼に足を踏み入れていく前段階の初心者が、

浅瀬でぱちゃぱちゃやっておるな…と大目に見ていただけると嬉しいです。

 

 

今日もいい一日になりますように!

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子