明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

やせたい理由も変わってきた。おなかも食生活もミニマリストになりたい。

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

最近、2日に1日くらいの割合で「やせたい記事」を書いているような気がします。

そればかり考えているもので…!

 

で、去年書いた記事を読み返してみました。 

www.tsumako.com

 

 この記事で私がやせたい理由に挙げているのは以下のことです。

<やせたい理由>
■夫と釣り合う夫婦でいたい
■太っていると自己肯定感が低くなる
■糖尿病家系である
■これからは何もしなければ太る時代に突入するだろうから、それに備えたい 

 笑っちゃうのが(笑うんかい)、

「やせる」って、心身両面で、自分を守ることにつながるような気がします。

と書いています。そして、

そうわかっていても、なかなかやせられないのが現実なんですけどね><

とも書いてます!そこまでわかっててやせられない(笑)

もう笑うしかない!!

 

「心身両面で、自分を守ることにつながる」とわかっていてすらやせられないのは、もう状態として詰んでいる気がしますけれども。

 

でも前回の(&いつもの)ダイエットと違うところがあります。

いつもは「体重減らしたい、やせたい」が前面に出るのですが、

今回は「食べることへの意識と習慣を変えたい」というのが先ということかな。

「食生活をミニマル化したい」という気持ちがもっとも強く出てきている気がします。

 

そう、自分が思っているように自分が食べていないことが一番キモチワルイのです。

katari.tsumako.com

 

私は、以前から自分の生活をシンプルライフにしたいと願っていたのですが、それはだいぶ、「モノ」に限られた認識であったみたいです。

服とかキッチンツールなどなど、使う「モノ」を厳選したり、不要なものを捨てたりということは、だいぶ生活の中になじんできた。

では、食は?

食生活、食習慣もシンプルにしたい。

シンプルにおいしいごはんを作り、シンプルに食べ、シンプルな体型でいたい!

 

言うだけ言おう。 

おなかも食生活もミニマリストになりたい。

(ミニマリストは言いすぎかな?とりあえず、ごちゃつきまくっている現状とはさよならしたい)

 

さらに、もう少し理由を掘り下げてみると、まだありそうです。

 

1.会いたい人にどんどん会いたい

このところ、会いたい人に会えているんです。

うれしいご縁が続々なんです。

 

なんと、実は、これからも続くんです。

会う予定がある方がいるんです。

それから、まだ声もかけていないけど、

できたら近いうちに会いたい!と勝手に思ってる方もいるんです。

 

ほとんどあこがれの方に会うような気分なので、身も心も軽く会いたいです。

 

そういう人たちはすごくやさしくて、当たり前だけど、もちろん見た目で人のことを見下したりしないです。

 

でも逆に、そういう人たちと一緒にいる時間ができそうなら、もっと自分で自分の納得のいく自分になりたいよ。という気持ちが生まれてきました。

 

最近少し体重が減ってきて、そうすると、今まで目に付いていた脂肪が目に入るようになりました。

「おっ、ここにも可処分脂肪が」 みたいなもので。

可処分所得ならいいのに…!

おかしなものです!

 

この気持ちが、周りからのプレッシャーではないことが、私は気に入っています。

誰に「やせなよ」と言われたわけでもない。

周りからのプレッシャーだったら、エライ人に会う機会がたくさんあった前の仕事についていた頃のほうがよほど強かったはず。

でも不思議なもので。

前の仕事をしていたときには、こんな気持ちにならなかったのです。

ぜんっぜん身なりを気にせずにがむしゃらに働いていたな~。

それはしょうがないことだと思っていたけど、今思うと、どうなのか。

 

今回に関しては完全に内発的な動機です。

 

2.心と身体と行動を一致させたい

シンプルな生活を志していて、断捨離も、家事も、ようやくだけど自分のやりかたが出来始めていて。

これまでなく、自分の望む生活を自分の手で作れている実感がじわじわしています。

だのに、このおなかでいいのか!?

 

心の入れ物としてのこの身体(→おなか)は、これでいいのかなあ?(→だめ)

身体がしている無意識の行動(→つまみ食い)は、心の目指す方向と合っているのかなあ?(→合ってない)

 

もちろん、体質を含め、体のことは自分の意志で変えられないことも多いことはわかってる。

でも、自分の意志の及ぶ範囲でできることをしてみたい。

 

3.(妊婦と思われることなく)着たい服を着られるようになりたい

シンプルなリネンの服をストーンと着たいのですよ。

ああ、素敵…!

でも、こういう服を着るには、とりあえずおなかは出てないほうがいい(と私は思う)。

別に太っていることが悪いと思わないし、太っていても着こなせる方はいると思います。

ただ、今の私が着ると妊婦さんなのです。

「あら、3人目?」と聞かれたら、それはその人、悪くない。

だって妊婦以外の何者にも見えない…!

そしてそのたびに「あ、違いますっ///」の訂正を続けるのは、私もつらい!

その後の、いたたまれない時間もつらい!

 

妊婦と思われずに、着たい服が着たい。

バカバカしいけど、これ結構重要。

 

4.もう、めんどくさい

出た本音。

例年の感じで行くと、来年の今頃も、私はブログで「ねえねえ、やせたいです」と書くことになります(涙)

なにこの無限ループ。

既出すぎるこのパターンを抜け出したい。

「やせたい」と思うこと自体が、もうめんどくさいんです。

自分でも「またそれかよ!」って思いますもん。このループを断捨離したい!

 

まとめ

そんなわけで…やせたい理由のビフォー&アフターが、 

<やせたい理由>ビフォー
■夫と釣り合う夫婦でいたい

■太っていると自己肯定感が低くなる

■糖尿病家系である

■これからは何もしなければ太る時代に突入するだろうから、それに備えたい 

 

<やせたい理由>アフター

■会いたい人にどんどん会いたい

■心と身体と行動を一致させたい

■(妊婦と思われずに)着たい服を着たい

■もう、めんどくさい

と、よりあけすけな理由へと変化(進化?…だといいな)を遂げています。

変化した、やせたい理由の効能や、いかに。

 

これで、来年の7月に「やせたいんですけども~」って私がブログに書き始めたら、大爆笑してくださいね…。

「やせたい」が、「つま子の夏の風物詩」になりませんように…。

 

 

今日もいい一日になりますように!

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子