明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

凍らせて作る!プッチンプリンのアイスキャンディーが、新食感で美味しかった件。

スポンサーリンク

おはようございます。

実家から帰ってきた梅つま子です。

 

実家から帰ってくると、やることがたくさんありますよね。

(一泊しかしていないのに^^;)

冷蔵庫の空っぽ具合におののいております(笑)

 

冷蔵庫といえば。

 

ある日。

冷蔵庫の中には、夫が買ってきた、3連のプッチンプリンがありました。

f:id:umet:20180809195822p:plain

みんな大好きプッチンプリン。(特に夫は、プリン好きなんです。)

高級なプリンより、むしろこういうゼリーっぽいプリンも結構おいしかったりしますよね。

あ、私は間食しないのであまり関係ないんだった。笑

 

今回、プリンのパッケージの厚紙を見てみたら、

「凍らせてつくろう!プッチンアイスキャンディー」ですって…?

f:id:umet:20180809195827p:plain

なんだ、なんだ。

プリンがアイスキャンディーになるんですって?!

 

 

プッチンアイスキャンディーの作り方

書かれていた手順は、以下の通りです。

 凍らせてつくろう!プッチンアイスキャンディー
1.フタを開けて
2.スプーンやバーをまっすぐさして
3.冷蔵庫で凍らせて(6~8時間以上)
4.”プッチン”して取り出す(手でカップを温めると抜きやすいよ!)

とのことでした。

特に材料も不要。

ならば、やってみよう、試してみよう!

 

スプーンを刺して、冷凍庫へ

短めのプラスチックスプーンを用意して。

f:id:umet:20180811224413p:plain

あれば、「短め、太め」のスプーンがよさそうに思いました。

あまりスプーンの柄が細いと、冷凍させたときに安定しないかもです。

 

突き刺す!

f:id:umet:20180811224420p:plain

まっすぐ刺したつもりが、どうしても、やや斜めに。^^;

気にせず、冷凍庫へ。

 

取り出します!

丸一日、冷凍庫に入れておきました。

これ↓が、翌日の朝の写真。完全に凍っております。

f:id:umet:20180811224515p:plain

作り方によると、冷凍庫に入れておく時間は6~8時間ということなので、

夕方仕込んだら、次の朝にはできているはずですね。

 

凍ったら、アイスキャンディーにするために、容器をはずしましょう。

底面にある突起を折って、「ぷっちん」します。

f:id:umet:20180811224633p:plain

そして、おもむろに側面を握って温める。

f:id:umet:20180811224621p:plain

ここで、慌てて、スプーンをいじったり引っ張ったりすると、スプーンが抜けやすくなるので要注意。

しばらく容器にじっと手を当てたあと、少し力を入れてみると、容器と冷凍プリンの間に空気が入った瞬間がわかりました。

 

そして、スポッと抜けた!

 

完成!

f:id:umet:20180811224816p:plain

持った感じは、巨大なピノのような。

取り出したときに、プッチンプリンの特徴的なカラメルの香りが、冷気とともに、あたりにひんやりと香ります。

 

「あ、何それ!食べたーい」

 

4歳児に見つかってしまった…!

こういうのかぎつける嗅覚すごいぞ。笑

 

実食!

f:id:umet:20180811224944p:plain

食べるからには、感想をいただこう。

 

「どんなお味?」と聞いたら、

「おいしいお味。(にっこり)」。

 

…キミ、キミ。

食レポというものがあってだね…。

 

娘に食レポは、まだ任せられない様子。

しょうがないので私、一口もらいました。(オイ)

ええ、しょうがなく…。

 

!!

おいしーい!

 

凍っているので、「シャリッ」の歯ごたえがまず最初に来ます。

そのあと、口の中の温度で、プリンがほどけるように溶けていくとともに、カスタードの味。

口の中で、普通のプッチンプリンとなった後は、プッチンプリンの親しげな甘さと、トゥルン!としたのど越しが楽しめます。

 

プッチンプリンって大きくないので、普通に食べるとあっという間になくなってしまいますが、アイスキャンディーならちまちま食べられるので、そういう意味でも、いいような。

 

我が家の4才女児、「パパ、あげようか?」と、途中で夫に渡していました。

たぶん、普通のプリンだったら瞬殺で食べてしまうのですが、アイスだったので、ちょびちょび食べているうちに、飽きたのかもしれません(笑)

 

凍らして食べると時間がかかるので、甘いものを控えたいときにもいいかもですね。

 

といいつつ、BIGで作ったらどうなるんだ~?!という気持ちもムクムク。笑

 

by カエレバ

 

1回で、アイスキャンディーというかシャーベット風の味わいと、通常運転のプッチンプリンが楽しめる、プッチンアイスキャンディー。

ちょっと楽しいおやつでした。

よかったらお試しください☆

 

 

今日もいい一日になりますように!

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子