明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

安産祈願の腹帯さらしリメイク。ミシンの直線縫いで、こんなものが作れました。

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

 

今日は「さらし」の話です。

2人の子どもの出産に先立ち、水天宮参りをした我が家には、安産祈願の腹帯さらし(御子守帯)が2つもありました。 

 

 

今日は、この「さらし」を、我が家ではその後どうしたか、のお話です。

 

捨てたくない、でも立派なのは作れない 

捨てるのはいやだな。

だって、生成りの風合いもやわらかく、すごくいい布なんです。

だけど、こちらのサイトにあるようなすばらしい作品は作れないな。

水天宮|帯プロジェクト

 

と思ったのが最初です。

私の技術…、ミシンの直線がけならできる。 

ミシンの直線がけを使って、何ができるというのでしょう。。。

 

どうしようかなと思って数日。

 

ひらめいた、ひらめきましたー!

いくつかのアイディアが、降ってわいてきた。

 

と、その前に…。

 

一応、確認を

水天宮の神様のところでいただいたものなので、非礼がないように…と思い、電話で確認をしておきました。

「安産祈願でいただいたさらしを再利用したいのですが、利用方法に制限はありますか?」

とお尋ねしてみました。

すると、「神様に失礼のないものでしたら大丈夫ですよ」

とのお返事。

「神様に失礼のないもの」の理解、個人によって異なりそうではありますが、自分の胸に手を当てて、「うん、これならきっと大丈夫」と思えたので、製作に取り掛かりました。

何しろ、2人分あるもので、量は大量。

4つのアイテムを作ることができました。

 

作ったもの

1.風呂場用ビニール袋ボックスのカバー

上からぶら下がっている、何ともけったいな場所にそれはあります。

f:id:umet:20180817062105p:plain

ここ、風呂場の手前なのですが、棚板に、こういう感じのディッシュラックをさかさまにセットしています。

 

by カエレバ

↑我が家と使っているものとまったく同じではないのですが、こういう感じのものです。

確か、当時加入していた生協で購入したような記憶があります…。

 

アップにするとこうです。

f:id:umet:20180817062916p:plain

 

このビニール、何に使うかというと、

用途1.お風呂のゴミを入れる

抜けた髪や、床をこすってぼろぼろになったメラミンスポンジなど。

こうしたゴミを捨てるためのビニール袋が至近距離にあることで、お風呂掃除のハードルが下がります。

 

用途2.使用済みオムツを入れる

BOSに入れる前に簡易的にビニールに入れておきます。

こうすると、BOSにオムツのテープがくっつかなくて便利です(BOS、1回では捨てない派です)。

BOSのおかげで、おむつバケツを処分できました。 

 

ちなみに、このビニール袋ボックスのカバーは、作り方は、ティッシュボックスカバーと同じです。

www.tsumako.com

このティッシュボックスカバー、直線だけですし、非常に実用的なものができるので、ミシン初心者さんに超絶おすすめです。

 

2.キッチン用ビニール袋ボックスのカバー

同じようなものが、キッチンのシンク下の引き出しの中にもあります。

f:id:umet:20180817064307p:plain

キッチンで使うビニール袋の用途はこんな感じです。

用途1.あまった食材を入れる

用途2.生ゴミを入れる

用途3.お出かけ時のおやつを入れる

もっとありそうです。

生ゴミ受けは、こちらのホワイトを愛用中です。  

by カエレバ

難点はひとつあって、生ゴミを捨てるときにキャップをなくしやすいこと。

しかしながら、スペアが売っているのがありがたい。

 

by カエレバ

 

当初は、生ゴミ用には、レジ袋を使っていましたが、大きさがばらばらのレジ袋よりも、ビニール袋のほうが断然使用しやすいです。

 

ちなみに、使っているビニール袋はこちらです。

キッチンで使っているのが上(近所のスーパー)、

風呂場で使っているのが下(ダイソー)。

f:id:umet:20180817065242p:plain 

サイズが違うので、ボックスカバーもこれに合わせて作ったのです…!

地味に、がんばった。

 

3.キッチンの油はねカバー布

揚げ物や炒め物をすると油が壁まで飛んでしまうので、それをカバーする布をかけています。

f:id:umet:20180817065433p:plain

壁と同化して見えづらいのですが…。

アップにするとこう。

f:id:umet:20180817065515p:plain

両端に2つ、ハトメをつけています。

 

引くと、こう。

f:id:umet:20180817065533p:plain

2枚重ねてダーッと縫っているだけです。

なんてことないものですが、こういうものはどこにも売ってませんでした。

この布を掛けることで、油はねを気にせず料理できるようになりました。

 

4.キーボードのカバー

今やすっかり、娘の遊び道具のひとつになっているCASIOのキーボード。

f:id:umet:20180817065956p:plain

 いちいち箱にしまうのは面倒、しかしそのままむき出しに置いておくのは、はばかられる。

そんなアイテムです。

端っこは一応がんばって、三つ折で処理しております。

f:id:umet:20180817070119p:plain

本当は平行に置いて、いつでも引ける状態にしておきたいですが、そういう場所もないので、部屋の隅に立てかけてあります。

f:id:umet:20180817070147p:plain

購入した商品はこちら。

ちなみにこのキーボード、(まったくの初心者から見ての意見ですが、)お値段の割にいろんな機能がついているかな、と思います。

いろんな楽器の音が楽しめて、私よりも娘が機能を熟知している様子。

自動演奏モードで「よろこびの歌」などが流れます。

怒られてふてくされたときの娘が、この自動演奏を子ども部屋で聴いてます。

気持ちを立て直すのに使っているみたいです^^;

 


 

以上、我が家での4つの、「さらしリメイク品」のご紹介でした。 

本当は、ベビー用品を作るのがいいのかな?とは思ったのですが、長く我が家で活躍してくれるアイテムを作れたので、満足しております。 

 

安産祈願に行った日の気持ちを、いつまでも忘れないでいたいな…。

 

 

今日もいい一日になりますように!

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子