明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

ブログのアイコンを変更します。変更理由と、新しいアイコンの依頼先。

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

先日アナウンスした、「ブログの”あれ”を変えます」。

いったい何のことだったかといいますと。

デザインでも、タイトルでも、「梅つま子」改名でもありませんでした。

 

 

ブログのアイコンを変更します!

f:id:umet:20180830071255p:plain

なんだろう、遺影っぽい雰囲気になってしまった(大汗)

 

そう、変えるのは、「アイコン」でした。

 

慣れ親しんだ、つま子アイコン。

このアイコン、すごく愛着あるんです。

 

2017年の5月から使っているこのアイコン。

ブログを通して、お友達と会えるようになったのも、お仕事をいただけるようになったのも、このアイコン時代なんですよね。

f:id:umet:20180829063646p:plain

このアイコンがお友達との出会いや、お仕事を呼び込んでくれたとまで言い切るのは、大げさかもしれないです。

 

しかしながら、少なくとも、「こんなアイコンのやつは信用できん!」とは思われなかったらしい、というのは大きい!

アイコンとしてのお仕事を十分に果たしてくれたといえましょう。

 

そんな、愛着も功績もある、つま子アイコン。

 

なぜ、アイコンを変えることにしたのか

アイコンは、私の分身

私のアイコンは、私の自画像です。

ブログを通じてお会いした方の100%が、「似てる!」とおっしゃいます(笑)

このあいだ、はてなブログのとろろさん、えこさんとの間でもこんな話をしました。 

というわけで、絶賛「似てる」評価を受けまくる、つま子アイコン。

 

愛着もありつつ、変わりたい

自分で作っておいて、こう言うのもなんですが。

このアイコン、どうにもこうにも、丸いんですよ。

 

ね、どう見ても丸いですよね。。。

f:id:umet:20180829063646p:plain

まあ、丸から作っているので、丸いのは当たり前なのですけれども。

パワーポイントで作りました。 

 

でも私、40を目の前にして、自分で自分を作っていきたくて、いろいろもがいている時期でして。

 

文字通り、もがいております…。 

www.tsumako.com

 

私は、早起きしてブログを書く習慣があります。

なので、朝一番に目にするのはほとんどこのアイコンと言っていいくらいなんです。

 

毎朝毎朝、「あまりにも丸い。それに、サザエさんの弟にもちょっと似てる」と思っておりまして。

彼の造形は、彼の性格もあいまって、完璧だと思っています!でも彼は小5で、私はもうすぐ40…。

 

毎朝目にするのがこれだと、ブログを書いている私も、これに寄っていきそう。

それでいいのだろうか。

否、よろしくない。

アイコンくらい、もうちょっと女性らしくなりたいよ…!

 

と思うようになったんです。

今年の春くらいから、ずっともやもやしておりました。

 

そして、保育士試験を受けてきた7月1日、肩の荷が下りた解放感とともに、プロにお願いすることにしたのです。 

つま子

つまこアイコンの画像を手を入れてほしい…!
あれ気に入ってるけど少しぼんやりしてる気がするの

今のをベースにというのはやりづらいかしら

 

アイコンをお願いした人

こんなぼんやりとしたお願いと、私の心の中をそのままに伝えられる、プロの相手は…ひとりしかいません。

 

となりのスミカさん!

スミカ

いいよいいよー! あの癒しオーラを壊さないようにどうにかできるかな?

 

忙しいのに、快諾してくれました…! 

お願いした時点で、3人待ちでした。

 

ご存知の方には今さら過ぎる情報ですが、スミカさんはこんな方です。

 

プロフィール

スミカさんは、ワンオペで2人の男の子の育児に取り組んでるママです。

スミカ(30代主婦)/ 東海地方在住

歳の離れた夫、6歳1歳の息子、12歳のおばあちゃん猫と暮らしています。

夫は激務のため週に1日休みがあるかどうか、出勤日は深夜帰宅のため家事育児はほとんど一人でしています。

夫の家事協力はほぼ0…男兄弟を育てる家庭として少し改善していきたい(ごめん、ただ純粋にやらせたいだけ!)

【自己紹介】となりの「スミカ」はどんな人? - となりのスミカ

 

お仕事歴 

デザインプロダクションに所属して、幅広くお仕事してたプロです。

新卒でデザインプロダクションに入社し、大手広告代理店のクリエイティブ部門の方とお仕事をさせていただいていました。(在籍4年)

在籍中はポスター、チラシ、カタログ、DMなどなど制作しつつ…何故かキャラクターデザイン(ゆるめ)やCMのコンテなどを描いていることが多かったです。

正統派デザインの力量は謎ですが…「どうしても勝てないコンペ」をイラスト案で採用される奇跡を何度か起こしたため指名でお仕事をいただくことが多かったです。

退職後も古巣経由でイラストのお仕事をいただき、デザイナーというよりはイラストレーターとしてやってきました。

【制作後記】私のイラスト・デザイン仕事 - となりのスミカ

 

この方にお願いした理由

スミカさんのイラストが好き、というのはもちろん言わずもがなです。

じゃないとアイコン頼めない。

でも、イラストもさることながら、それと同じくらいに、スミカさんの「ことば」が好きなんです。

 

私がなぜ、スミカさんのことばが好き、と思うようになったのか、スミカさんのブログから引用してみますね。 

 

仕事に関する記事

スミカさんのお仕事観が出ているこの記事。

太字下線は梅つま子によるものです)

やっぱ作るって楽しい!それだけ。

正解を探して「こうかな?どうかな?気に入ってもらえるかな?」と言う思考錯誤はやっぱり楽しい!

ヒアリングややり取りなどにとにかく時間を消費するので、楽しい!!だけでは済まないのがお仕事の大変なところですが…自分の行いに対し、喜んでもらえる仕事はやっぱ最高です。

対話をもとに情報を整理していきましょう。

やり取りをきっかけに、納品物以外にもいろんな気づきが見つかりますように!

【制作後記】私のイラスト・デザイン仕事 - となりのスミカ

 「楽しい!」がたくさん出てきます。

ただただ楽しんでいるだけじゃなくて、お客さんの気づきを願っているところや、それをスミカさんの気づきにつなげていることが素敵なんだなあ。

スミカさんは、仕事で学ぶ人なのでしょう。

「ワークショップで一番勉強になるのは、ワークショップをする人だよ」と教えてくれたかつての先輩の言葉を思い出します。

 

育児に関する記事

世の中、有能なお母さんはたくさんいるけど、私は、「子どもの一番繊細なところを守りたいと思ってくれるお母さんが、一番ありがたい」と思っています。

「わが子がもしも誰かと入れ替わったら?」とスミカさんが想像してみたこちらの記事には、子どもへの愛情が詰まってる。

私はまだお母さん5年だけど、1歳でも5歳でも息子は息子の人格がしっかりできていると思うから中身が違うっていうのは大問題だと思うんだ。

こっそり入れ替わって悩んでいないで、もし少しでも負担を和らげることができるなら協力させて欲しい!


相手の家族が了承したら、それぞれ中身の家に帰ればいい。

家でぐらい自分らしく過ごせたらいい。

できるのなら公表だってしちゃえばいい!

でも異性と入れ替わったら、嫌なからかいに遭うのかな?それはデリケートな問題だ。

いろんな問題にぶつかって成長してくれるのは大いに結構だが、やっぱり本人たちだけじゃクリアできない問題もたくさんあると思うんだ。

そんな時弱音を話せる熱い友人がいるならいいが、もしいなかったら…やっぱり親を頼って欲しい。

【頭の中】或る日突然思った「もし我が子が誰かと入れ替わったら…」 - となりのスミカ

スミカさんは、ありがたいお母さんです。

 

家事に関する記事

ワンオペ家事育児をこなしているスミカさんの記事は、胸に来ます。

つらさがどこから来てるのかを、スミカさんは、すごく見つめるのですよね。

思考を投げ出さないところに、いつも勇気をもらいます。

家にいるから仕事より楽でしょう?とどうも思われているけれど…家にいるってことは職場にいるってことなので、やるやらないは別にしてもやることはなくなることがないです。

夫に言わせると「やるやらないを決められるだけで贅沢」

それもわかるけど、多分私たちの仕事でいうそれは「家族に清潔な衣服を着せる」「お腹が満たされるだけの最低限の食事を用意する」「なんらかの健康状態の悪化を放置しない」ですよね。

「やらない」はできないことです。ミスで済まされない命に関わることも出てきます。特に健康状態への配慮はとても神経を使います。

だから私は夜中些細な物音でも起きるんです。小さい声で「お母さん」と呼ばれるだけで対処できるんです。チイが泣く度に起きて寝不足になるんです。

仕事だと「やらない」はよほど選択出来ない(夫の立場的に特に)と思うから、その辛さがあるのは理解できるけど…。私たちも「やらない」選択をしたものも必ず「やらなきゃいけない」時がきます。溜まった仕事は自分でしか解決できません。

【我が家の家事分担事情②】夫に理解してもらえない家事の大変さについて - となりのスミカ

 

どの記事をとっても、スミカさんの言葉はまっすぐ出てくる。うそがない。媚びがない。

スミカさんのブログ観が、また、いいです。

たくさんの知識や回答をくれる意義あるブログもたくさんありますが、なかなか正解がないジャンルというのもありますよね。

そんな時に自分が知りたい情報は「誰かの経験」

このブログは明確な答えは伝えられないかもしれない。でも誰かが悩んだり困ったりした時、考えるための材料の一部になれたら万々歳です。

感謝!「となりのスミカ」1周年を迎えました - となりのスミカ

”運営方針が「私の経験、誰かで生きろ!」”なのだとか。

スミカさんは、優しいし、熱い。

 

余談ですが、このスミカさんの思考の丁寧な感じ、私どこかで知ってるな、と思ったら、この本でした。

スミカさんは、この本の主人公の一之瀬真理子さんに似てる、と私は思ってるみたいです。 

by カエレバ

アイコン変更をめぐって、私は旅をする!

そんなわけで…

「愛着あるつま子アイコンからの、決別への旅」は、スミカさんを道連れにして(!)始まったのでした。

 

どんな道中になったのか?

そして、新しいアイコンは、どんななのか…!

続きの話はまた、明日。

乞うご期待です!

 

今日もいい一日になりますように!

 

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子