明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

「今から大学病院行けますか?」といわれて、選択の連続に疲労した話。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

私の具合が急に悪くなった話を、先日投稿したばかりです。

 【育児4コマ】突然のめまいで子どもの世話ができない!体調不良のときに気づいた、3つのこと。 - 明日も暮らす。

 

なんと、立て続けに、今度は息子ヨウタ(2歳)が、体調不良になってしまいました。

(おかげさまで、私も息子も今はすっかり回復して元気です!)

そのときの記録を書いておきたいと思います。

 

さてさて。ちょっと前置きからお話を…。

 

幼稚園の送迎、スーパーへの買い物、幼稚園での行事、図書館、児童館、習い事。

主婦である私は、毎日、徒歩やら自転車やら、バスやらで、あちこち出かけます。

 

毎日、まずまずの忙しさですが、決まっていることを決まっている通りにこなすのは、それがどんなに刻まれたスケジュールでも、そんなに苦しくはないんです。

 

それは、なぜか。

決められたスケジュールの通りに動くので、そこに選択・判断の余地はないから。

意思決定を迫られ、連絡調整に奔走する必要はないからです。

 

ところが先日、息子が体調を崩し、町のクリニックから紹介状を出され、きゅうきょ大学病院にかかるという経験をしました。

 

これがまた、選択の連続で、大変だったんです…!

 

いや、こんなのまだいいほうだろうと思うんです。

救急車を呼ぶ事態や、急な入院だって、乳幼児を育てていると、そこまで珍しくはない話。

私の今回の経験なんて、「ピンチ」としてはまだまだ序の口(?)だろうと思うのですが、急な展開に慣れていない私にはアップアップだった!!という記録です…。

 

今回は、時間軸に沿ってお話ししてみます。

 

 

前の夜

息子のウンチ(かなりゆるめ)に、どうやら少し、血が混じってるようでした。

調べると、ウンチに血が混じるのは念のため受診したほうがいいケースが多い様子。

熱もなく、機嫌の悪い様子もない息子。

夫(仕事で不在)と連絡を取り、「念のため明日クリニックに行ってくるね」と決定。

 

8:50 幼稚園登園

娘を連れて幼稚園に行きました。もちろん息子も一緒。

スムーズに帰宅できるように(公園に行きたい息子が、玄関で靴を脱ぎたくなくてグズるため)、抱っこひもにしました。

 

9:00 クリニック予約

ネットで予約できるクリニックの予約開始時間と同時に予約。

20番目でした。

いつも混んでるけれど、丁寧で定評のあるお医者さん。

 

9:50 クリニックへ

ネットで、クリニックの「現在のお呼出し番号」を確認し、あと5番、となったのを見計らってクリニックへ。

思いのほか早く順番が来そうだったので、洗濯はまだすすぎ中だったけど一時停止。

 

10:20 到着&受診

自転車でクリニックに到着。

スマホで写真を撮っておいた前日の便を見せ、血液検査をすることに。

10分後、結果が出て、

「白血球と血液の炎症の値がちょっと高い。

 抗生剤を出して様子を見るか、大学病院の受診を勧めるか迷うところ。

 どうします、今から大学病院行けますか?」

と、突然に。

 

えええ!!!

 

この日は、娘の幼稚園が11時半にお迎えの日。

今から大学病院に行ってしまえば、お迎えに間に合うはずがない。

「11時までに行けるなら大学病院の紹介状書きますけど、行けますか?」

「午後はダメなんですか?」

「午後は大学病院で初診の診療受け付けていないんです」

なにい…!

 

想定外も想定外でした。

ちゃちゃっとクリニックに行って、隣の薬局でささっと薬をもらって、即刻帰るつもりでいました。

だから息子のおむつすら持っていない…。

(↑これは私が不用意すぎる。ほんとに二児の母なんだろうかと疑うレベル)

 

とにかく、大学病院に行ったら、幼稚園には間に合わない、到底間に合わない。

 

10:40 頼れる人を探して電話

「ちょ、ちょっとすみません。娘の幼稚園のお迎えに行ってくれる人を探します」

と言って、診察室を後にし、実母に電話をかけるも、出ずに撃沈。

夫は昼過ぎまで仕事。

義母も外出中。

だだだ、誰にお願いしたらいいんだろ??!!

 

焦る頭で、考えに考え抜いて、娘の幼稚園のママに電話しました。

このママ友は、去年から仲良くしているママ友で、

■ お互いの家に行き来がある

■ 下の子がいない

というのが決め手になりました。

上に小学生のお兄ちゃんがいて、いろいろ経験があるので頼りになります。

 

幸い、彼女がすぐに電話に出てくれて、お迎えと、しばらく預かってくれることを依頼。

急なお願いなのにもかかわらず、心配して、快諾してくれました。

「幼稚園には連絡しておいてね、親本人からの依頼がないと、確か引き受けられないはず!」ということまでアドバイスしてくれました。

この電話のすぐに後に、幼稚園に電話をして、お迎えにいけないことと、預かりを依頼した事情を話しました。

そして診察室に戻り、「大学病院に行きます、紹介状お願いします」と伝え、受付で紹介状をもらって、自転車にまたがりました。

ああ、クリニックに到着したときは、こんなことになろうとは想像もしていなかった!!! 

 

10:57 迷いながら自転車で走り、大学病院に到着

しかし、指定されたのは、娘や息子がかかったことのある大学病院とは別のところ。

何度か行ったことはあるけれど、クリニックから行くのは初めて。

 

…ぼんやりとしか道がわからない…!

 

勘でなんとかそれらしい方向に向かい、近づいてきたところで、道行く人何人かに尋ね、「大学病院ですか?私、同じ方面に行くので、先導します!」と言ってくれたありがたい方について行きながら、何とか11時になる3分前に、すべりこむことができました。

クリニックから比較的近い場所にある大学病院でよかった…。

 

11:20 大学病院での診察

大学病院は意外とすいていました。

どきどきしながらの順番待ち。

 

10分後に呼ばれ、診察の結果、

「熱もないし、喉もきれい。おなか痛がる様子もないねえ…」

ということで、整腸剤を出してもらい、そして便の菌の培養をするための検査をして終了でした。

 

11:40 薬を受け取ってママ友宅へ

FAXサービスを使って、処方箋を、ママ友宅から至近の薬局に出してもらいました。

着いたら「薬の在庫がありません」と言われたら悲惨なので、係の方に、あらかじめFAX後に電話をかけてもらい、薬の在庫があることを確かめておいてもらいました。

 

ママ友宅に着くと、お友達と遊べて、さらにおにぎりとウィンナーをもらってご満悦の娘。

 「のりがハートだった~」と嬉しそうでした。

ママ友のおうちから帰る道すがらに幼稚園に寄り、担任の先生に事情を話し、今日提出するはずだった提出物を明日提出してもOKの許可をもらいました。

 

ここまで、時間にしてみればほんの2時間くらいのことなのに、へとへとでした。

 

帰宅して、洗濯物の続きをしているうちに、夫が帰宅しました。

 

夫が今日の育児担当だったらどうする?

夫に事情、今日の一部始終を説明しました。

話しているうちに、「もし、夫だったらどうしたんだろう」と気になり、聞いてみました。

 

たとえば、私が出かけている日で、息子をクリニックに連れて行ったら、急に「今から大学病院行けますか」って言われたらどうする?

娘のお迎えの時間が迫っていたら?

義母も実母も頼れない状態だったらどうする?

 

この問いに夫は、 

「息子が苦しそうにもしていなかったら、今日は大丈夫かなあと思って大学病院はあきらめる…」

と言いました。

 

だよね、ホラ!

念のため大学病院に行きたい気持ちがあっても、理由をつけてあきらめるよね。

ほかに選択肢がないから。

私に今回、ほかの選択肢があったのは、同じ幼稚園に子どもを通わせているママと友達だったから。

 

つまり、急な事態に、身内が誰も動けないとき、頼りになるのはママ友なんだよ。

どうだい、ママ友大事だよね。

 

一瞬、どや顔で私は勝ち誇りましたが、はたと気づく。

勝ち誇ってる場合じゃない。

 

勝ち誇ってしまったら、育児担当の役割が私に貼り付いてしまう…!

「いざとなったときに頼りになるママ友ネットワークを持っているのはつま子だから、つま子がいつも育児を担当したほうがいい」

になってしまうのは避けたい。

 

夫は、おおむねの家事育児ができるタイプの父親だけれど、ママ友ネットワークを彼が手に入れるのはなかなか困難だろうと思います。

ママ同士なら、お互いの家に遊びに行きやすいけれど、パパとママとなるとそれができにくいだろうし。

代わりにパパ友ネットワークを作れば?と言いたいところだけど、そもそも幼稚園の送迎に来るパパだって、50家庭のうち3家庭くらい。圧倒的に少ない…。

そもそも出てこないのだから、友達になりようがない。

 

これを考えると、パパ友ネットワークを作るのは、夫の努力だけではどうにもならなそう。

 

何ができるんだろう

今回の経験から何を学ぶべきなのか。

ひとつ気づいたのは、

”自分自身が、ほかのママ友が困ったときに、「声かけてみよう、頼んでみよう」と思ってもらえる人であることは、大事だ”

ということ。

こういうのって、お互い様。

頼られる人には、頼らせてくれる人がたくさんいるんだと思う。

普段から、振る舞いが大事なんだなと、こういう状況になって、初めて思いました。

 

この間、私自身が倒れて動けないという事態があったばかり。 

www.tsumako.com

 

地域に、何かあったら頼れる人を持っておくのは大事なのだ。

 

幼稚園はどうなんだろう

娘が保育園に通っていたときも、急な呼び出しはありました。

私は保育園から1時間半の職場に通っていたので、電話をもらっても、最速1時間半後にしか駆けつけられません。

それでももちろん私が到着するまで、預かってはもらえました。

延長の預かり保育のない幼稚園ではその点、どうなっているんだろう。

 

たとえば、想像したくはないけど、こんな場合。

緊急事態で、下の子が搬送された。

私も救急車に同乗して病院に行くことになり、幼稚園のお迎えの時間に間に合わない。

たとえば、遠くに引っ越したばっかりとかの事情で、実家もママ友も頼れない。

そんなとき、幼稚園は、ほかのお子さんが降園した後も、私か夫のどちらかが駆けつけられるまで、しばらく見ていてくれるのかしら…?

 

今回は切り抜けられたからよかったけれど、自分の持っているセーフティーネットが、緊急事態にどれくらい耐えられるものなのか、非常に不安になりました。

 

数年前に登録したファミサポ、もう一度見直してみよう。。。

 

今日もいい一日になりますように!

 

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子