明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

小さいイチゴのヘタは、キッチンバサミでチョキンとカット。包丁よりも使い勝手がいいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

冬から春にかけての果物といえば、イチゴ。

今日は我が家のイチゴの食べ方のご紹介です。

f:id:umet:20190217015523p:plain

 

イチゴ好きの子達

我が家の子どもたちは、イチゴが大好き。

5歳の上の子も、2歳の下の子も大好物。

イチゴは、我が子たちの貴重なビタミン源でもあります。

 

とはいえ、イチゴってそこそこ高いのですよね。

さらに、つぶれやすいから、他にたくさん買い物をするときは買いにくくて。

 

■ 398円なら買おうかな

■ 他にあまり買うものが無ければ買おうかな

 

くらいの、私なりの「ゆるい基準」があります。

 

そんなわけで、この季節、スーパーに行く度にイチゴはチェックしてます。

なんだかんだ、2,3回に1回は購入している気がする。

 

ハサミでカット

ちっちゃいイチゴはお安く売られていることが多いけど、ヘタをとるのが面倒です。

f:id:umet:20190217015529p:plain

そんなときは、キッチンバサミの出番です。

鳥部製作所 キッチンスパッター(KS-203)を使っています。

このハサミ、見た目もシンプルでかっこいい。

しかもこうやってシンプルに分解できる! 

食洗機OKのありがたいキッチンバサミです。

 

なお、キッチンバサミは2個使いの我が家。 

f:id:umet:20190217015459p:plain

この日は別のハサミです。

その名も、NEWコックさん

そして、黒いまな板は果物が映える気がします。

 

ヘタを切ったら、イチゴはボウルに入れて、イチゴにまとわりついたヘタを洗い流します。

ヘタを切る前に洗ったほうがいい…というハナシも聞きましたが、我が家はやりやすさを重視してこのやり方です。^^

 

まだまだ4,5月までは、イチゴが楽しめるかな?

春になったら、イチゴ狩りにも行きたいな~!

 

今日はサクッと短め更新でした~!

いい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子