明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

ママ友と、小さなウクレレサークル立ち上げました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

我が家のダイニングとリビングの間にひっそりある、私の作業コーナー。

ここに、ウクレレがかかっています。

f:id:umet:20190308052520p:plain

15年以上ずっと、ウクレレ初心者な私。

子どもが生まれてからは、めまぐるしすぎて、ウクレレを手に取ることも少なかったのです。

 

それがこのたび、私のウクレレ事情に少し変化が訪れました。

ママ友と小さなウクレレサークル(的なもの)を立ち上げたのです!

 

 

ウクレレと私

私がウクレレを始めたのは、2003年のことでした。

御茶ノ水の楽器街を歩いていて、急に「そうだ、ウクレレやろう」と思い立ったんですよね。

その時点で、楽器経験はゼロです。

小学校のリコーダーくらいかな?

 

かわいい形と明るい音が大好き。

その後、個人レッスンに通ったりもしましたが、基本的には万年素人です^^;

ですが、ウクレレって、すごいパワーを持った楽器で。

忘年会とか、グループで何か披露しなきゃいけないときとかのイベントで、ものすごく役に立ちました。

 

大学院の入試(面接)でも弾いたんです。

私が受けた学科には、面接で「1分間自己アピール」という時間がありましてですね…。

就職先では、先輩たちとバンドを組んだこともあったっけ。

ボーカル、ギター、ウクレレ(私)という楽しいバンド!

 

…とにかく、行く先々でハッピーをくれたんです。

私のラッキーアイテムといっても過言ではないウクレレ。

たっくさん楽しんで、もう既に元は取ったと思う!!

(まだ下手だけど。笑)

by カエレバ

 

しかし、子どもが生まれてからは、残念ながらトンと弾く機会がない!

子どもの歌に合わせて弾くのが夢だったけど、私のウクレレがそれほど上手じゃないから、複雑なコードが出てくるとつまづく。

すぐつまづくから、伴奏にならない…。

それに、子どもも、歌よりもウクレレが楽しくなってしまって、ウクレレが奪われてしまう…!笑

 

というわけで、ウクレレは「あるけど、あまり弾かないもの」になってしまっていました。

でも、どこかでウクレレのことはいつも頭にありました(目に付くところに置いているし^^;)。

 

思い切って、ママ友に話しかける

確か去年の秋ごろでしょうか。

幼稚園の園庭で、ママ友に話しかけてみたんです。

「ねえ、ウクレレやらない?」

と。

我ながら唐突…(笑)

 

他力本願の極みなんだけど、「誰かが一緒にやればやる」、と思ったんですよね。

強制的に時間を作るには最適の方法です。

 

話しかけた相手は、幼稚園で参加している自主サークルのお友達です。

サークルで一緒だから、どんな人か(もちろんすべてではないですけども!)わかるし、「なんとなくこの人なら楽しそう」という直感に頼ってみました(後述します)。

 

そのママ友は、「なぜ私!?」「なぜウクレレ!?」と思ったみたいですが(そりゃそーだ!)、

「おじいちゃんが持ってるかも?」

「おじいちゃん持ってなかった。メルカリで買おうかな」

「今、旦那に交渉中」

「お正月くらいになっちゃうかも」

「アマゾンで目をつけてるのがあって!」

と、折に触れて実況中継をしてくれる(笑)

 

そしてとうとう、

「つまちゃん!ウクレレ買ったよ!」

になりました(笑)

 

こちらを購入してくれたみたいです。

(このあいだ見せてくれましたー^^)

穴の周りにお花の装飾が施されてるのがめちゃくちゃかわいい!

by カエレバ

未知の楽器なのに購入までしてくれて、一緒にウクレレやろうって思ってくれて…ありがたい…!

 

なぜ、話しかけるのか

なぜ彼女に声をかけたか、ですが、「話しかけやすかったから」に他なりません!

この本に、書いてあったんです。

佐渡島 庸平 幻冬舎 2018-05-09
売り上げランキング : 3859
by ヨメレバ

 

■メンバー探しは直感でOK
■個別に直接連絡するときに躊躇しない人を選ぶ

(p.182)

と。

 

なので、直感で、直接連絡するときに躊躇しない人を選びました。

 

私は、人間関係は「前払い」だと思っていて、「この人と仲良くなりたいかも!」と思ったら、自分のほうからわりとズンズンと一直線に行ってしまいます(笑)

もちろん、前払いがいつもうまくいくことばかりではなくて。

大人だから、お互い忙しくてなかなか会えなかったり、なかなかうまくいかないこともあるけど(その典型→いつまで経ってもできない空手友達。涙)。

でもそういうときは深追いしなくてもいいんだ、と思ってます。

 

お友達作りも、「やらない後悔よりやって後悔」、っていうやつかなと思うのです。

「好きだな、仲良くなりたいな」、という直感があったのに、ためらったことによって、気が合う友達を逃していたとしたら、もったいない!

 

でも、(自分だけでやるときもそうだけど、)お友達を巻き込むときの鉄則として「必ず~ならなきゃダメ」とは思わないことにしています。

ポシャってもいいんです。

諸事情あるから、「できなくなっちゃった」ということもあるかもしれない。

それはしょうがない。

 

でも、ウクレレを買ってくれたお友達のことは嬉しくて嬉しくて、最低限、彼女が「ウクレレ買ってよかったな」と思うまでは、お付き合いしたい!と思っています^^

 

彼女については、合唱の経験もあるということは知っていたし、「きっと、音楽好きなんだろうな」と思ったことも、誘ってみた決め手でした。

  

これから、「幼稚園のお迎え前に練習しようか!」という計画が、ちょっと動き出して、ワクワクドキドキです。

 

ウクレレサークルの目標

4月からのサークル活動で、幼稚園児たちを前に、ちょっとした手遊び歌をウクレレで弾けたらいいね!

という話をしています。

f:id:umet:20190308052808p:plain

久しぶりに弾いてみたウクレレ。テーブルに置いたら、テーブルに同化してる。笑

 

私の自分プロジェクトに位置づければ、教養ワーキンググループの中に「ウクレレ」が立ち上がった感じです。

個人的には、なまった指をちゃんと動かすことを目標にしてみよう。

そして、簡単なコードの曲をマスターして、みんなの前でも緊張せずに、1,2曲しっかり弾けるくらいになろう、と思ってます。

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子