明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

40歳がシニアなの?!自治体の空手大会の出場区分に衝撃を受けました…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

もとい、押忍!!

朝からうるさくてすみません。梅つま子です。

 

自治体で1年に1回、スポーツ大会が開催されていることがわかりました。

私が習っている「空手道」の種目も、ある模様。

 

もちろんまだまだ初心者だから出場は考えにくいけど、今後の選択肢のひとつとしては、アリかしら?

娘は小学生の部に出場して、私は大人の部に出場できるかな?

 

そんな気持ちで募集要項およびプログラムを見てみた私。

 

そこで…衝撃の文言を目にしてしまいましたよ…!

 

 

私の見たものとは

あのですね…

 

 

 

プログラムに、こうやって書いてあったんですよ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:umet:20190925104459p:plain

 

 

 

 

えっ…??

 

 

 

 

 

( ゚д゚) ・・・

 

 

 

 

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:umet:20190925104459p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(;゚д゚) ・・・

 

 

 

 

 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ

 

 

 

 

  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:umet:20190925104701p:plain

 

 

 

 

 

 

(  д) ゚ ゚

 

 

 

ちょっと !!!!

つま子

40歳女子はシニア!

気持ちを整理するために、私はしばし癒される必要がありました…

f:id:umet:20190925105131j:plain

 

何で衝撃を受けたのか

「大人の部」じゃなかった…。

40歳以上はひとくくり。

ひとくくりにシニア。

40歳も50歳も60歳も70歳も80歳もシニア。

「シニア」の3文字の破壊力よ…。

 

いや、私は甘んじて加齢を受け入れようと思っているタイプの人間です。

 

別にアンチエイジングとか若作りとか興味ないし、年相応に年を重ねていけたらと思っている私。

だけど、いざ「シニア」といわれるとびっくりする。

シニアって、60歳くらい、もっと言うと70歳くらいの印象なんですが…。

つま子

40歳は、そんなに、シニアなの?

 

一応辞書を引くとですね、

シニア(senior)
1 年長者。上級生。上級者。「シニアクラス」⇔ジュニア。
2 高齢者。「シニア住宅」

シニアとは - コトバンク

シニア住宅…にはまだ…住んでない…。

 

この話を同級生の友達にしたところ、

「そうなのよ。青年海外協力隊も、40歳からはシニアなんだよ」

と教えてくれました。

 

 

なんと…。

ここでもシニア…。

 

※JICA海外協力隊には「一般案件」と「シニア案件」があります。しかし条件を満たしていれば、40歳以上でも一般案件に応募できるようです。

また、JICA海外協力隊の「シニア案件」とは一定以上の経験・技能等が求められるもの、資格や実務経験を15年程度以上求める案件を指すので、シニアの呼称も、「年長者」というよりは「上級者」の意味合いが強いかと思います。

シニア・オフィサーとかの「シニア」ですよね。

参考:よくある質問まとめ | JICA海外協力隊

 

空手の話に戻って

それにしても、40歳以降がひとつにくくられるのは衝撃。

帯の色とか、経験年数で分けてくれればいいのに…!!

 

だって、たとえば私が今、出場したらどうなる。

空手歴1年なのに、小学生から空手やってるママ・唐沢さん(41)←仮名 とかと対戦するんですよね。

つま子

勝てるわけないじゃん!!瞬殺されるよ!!

しかも、悲しいことにこの差は簡単には埋まるまいよ。

 

私が50歳になったとき…唐沢さんは51歳。

私が60歳になったとき…唐沢さんは61歳。

 

つま子

「どっちが先に老化にやられるか」みたいな戦いになってくるじゃないですか!!

70歳で、空手歴30年か。

もし、そのとき私が健康で、そしてライバルの唐沢さんが、もしかして病気に悩まされてしまったりしたとき(想像上の人だけど、勝手に病気にしてしまって唐沢さんごめんなさい!)、私に勝ち目は出てくるかもしれない。

でも!

そのとき70歳の私は、40歳になったばかりの有段者と対戦するかもしれないんですよね?

つま子

ダメじゃん…わたし勝てないじゃん…!!!

勝つことがすべてではないけど、目標がほしい 

もちろん、勝つことがすべてではないんだけど、私は、ちょっとかじったなぎなたで大会に出て、2位になったことがあります。

ホラ、なぎなたは競技人口少ないから

 

そう。同じくらいのレベルの人と対戦するのは、楽しいんです。

つま子

切磋琢磨ってそういうことだと思うんだけどな…。

でも、この先、空手では、同じレベルの人と対戦してみたいという欲求を満たすのは、ものすごく難しそう。

そもそも教室に大人女子がいないし…

 

そういうわけで、「大会に出る」という外発的動機付けが使えないまま、私の空手ライフはどこにいくんだろう。

 

素人が集まる大会がないか…先生に相談してみようかな。 

もしかしたら来年のオリンピック以降、空前の空手ブームが来て、空手初心者が街にたくさんあふれるようになるかもしれないし!

 

そしたら、「40歳以上の新人戦」っていう区分ができたりしてね…。

つま子

うん、シニア・ショックに負けずに、今後に期待したいと思います!! 

一年前にはじめた空手の記事

▼娘と一緒に習っています▼

www.tsumako.com

 

▼普段の練習も緊張感あるけど、昇級試験の日のそれはまったく別物!▼

www.tsumako.com

 

▼親子で習える空手もあるみたいです!コドモブースター、検索されてみてはいかがでしょう

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子