明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

40歳、ピアス開けてみた体験談。これからたくさんおしゃれを楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

今年の大きなチャレンジ(?)といえば。

生まれて初めてのピアス穴をあけてきました。

40歳記念?空手の昇級祝い?記念?ということで…!

 

 

イヤリング派でした

ずっとイヤリングをつけてきて、特に不自由を感じていませんでした。

育った家の価値観で、まだ「親からもらった体に穴を開けるなんて」という考えも多少あったように思うんです。

(確か姉は大学生くらいで反対されていた気がする)

イヤリングでも十分飾れるし、これでいいかなと。

簡単なイヤリングは手作りして楽しんでいました。

 

www.tsumako.com

 

でも、メガネをかけている私。

メガネをかけ、イヤリングをつけ、さらにイヤホンでも入れようものなら…耳の負担が大きすぎるんですよね。

イヤホンをつけているときなんか特に、イヤリング落ちてしまっても気づかない。

 

そんなわけで今年、ふと思ったんです。

もう40歳だし、2回も帝王切開しているし。

帝王切開は関係あるような、ないような?

やりたいことやっていいんではないだろうか。

 

 そんなふうに思いました。

 

ツイッターで何気なくつぶやいたら

そんな気持ちをある日、ツイッターで何気なくつぶやいたところ…。

 なんと、16人もの方からコメントいただいて!

ツイッターはなんと温かい世界なんでしょう

いろんなストーリーを教えていただきました。

 

白金ちなさんも最近だとか。

 

ツバメさんも最近。

 

いちごみかんさんは、お母様の経験を教えてくださいました!

そしたら、俄然その気になりました…!

 

空手とピアス

気になるのは、習い事の空手のこと。

私は娘とともに空手を習っているのですが、結構細かい決まりがあります。

たとえば、髪留めの類は、ゴム以外NG。

そのゴムも、黒、茶、紺以外はダメです。

実際、教室では、黒ゴムをつけている子しか見ません。

 

まあ、大人だから行動にあれこれ言われたりはしないだろうけど、なんとなくあまり望ましくないだろうことはわかる…。

「ピアスあけてもいいですかねえ?」なんて、先生に間違っても聞けない雰囲気であります。

 

自分の中で出した答えは、

「昇級試験が終わった後、透明のファーストピアスをしてくれるところならいいかな。」

先生に相談したわけではないので、自己責任ということで…。

(こんなことをおそるおそる考える私は、なんだか部活している高校生みたいだな。笑)

 

町の皮膚科を調べてみた

よく行く皮膚科のHPを見てみました。

ピアスも施術のひとつにあって、5,000円とお手頃。

しかし、金属のファーストピアスしか扱っていなくて、透明樹脂のピアスはなし。

 

 この時点であきらめかけたのですが、電車に乗って隣町まで行けば、透明樹脂のファーストピアスをしてくれるところを発見!

施術料が、8,000円と高いけど…。

空手の先生の前で普通のカラーの金属のピアスをする勇気はないので、必要経費だと思うことにしました。

そうだ、お金はこういうときに使うんだ!!

 

いざ施術

雨降る土曜日に、ひとりで電車に乗り、皮膚科に行ってみました。

数名の待合室でめちゃめちゃどきどきしていたら、程なく呼ばれて、ピアスの穴を開けてほしいことを伝えると、女医さんが、

「じゃあ、このペンで開けたいところに印をつけてくださいねー」

とマッキーを渡してくれました。

 

これの黒です。

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 12色 MCF-12C

 

あまりど真ん中よりもちょっと下がいいかな?と思っていて、耳たぶの下6mmくらいがぎりぎりというので、ぎりぎりよりも1ミリくらい上を狙ってお願いしました。

つまり下から7ミリくらいで、真ん中よりちょっと下。

 

ちょん、とマッキーで印をつけて、先生が用意するのをしばし待ちます。

もしかして、マッキー越しにピアスの穴開けるの?と思ったのですが、ちゃんと穴を開ける前に、消毒液で拭いてくれました。

そうですよね^^; 

 

どれくらい痛いんだろう、痛いんだろう?とどきどきしているうちに、ぎゅっとつねるような痛みが来て、あっ、これくらいなら耐えられるかも。と思いました。それくらいの痛みでした。

つづいて、逆の耳も。

 

でも、穴を開けた後半日くらいは、ひりひり痛かったです。

実はこの日は良品週間だったのです。

ひりひりした耳でのお買い物でした。笑

www.tsumako.com

 

その後の経過

一週間、朝晩塗ってくださいね、といわれた塗り薬(化膿止め)を、最初はおそるおそる綿棒で塗っていました。

でも数日もすれば慣れたもの。

3日くらいでまったく痛みも感じなくなりました。

友達には「化膿に気をつけてね!」といわれましたが、第一段階はクリアした模様。

1ヶ月半つけっぱなしにすればいいそうです。

寝るときに寝返りを打つと、つけっぱなしの透明樹脂ピアスが痛いですが、それくらいで大きなトラブルもなく。

 

ということは、1月上旬にははずせます。楽しみ。

 

早速ピアスを購入する

一連のツイッターの会話の中で、スミカさんに教えてもらったのが、バーズワーズのピアス。

かわいいー! 

と思った数日後にはお迎えしていましたよね。

だってかわいいのだもの。

f:id:umet:20191227063606p:plain

自分で言うのもなんですが…、陶器の温かい感じは、きらきらした貴金属とか石よりも、自分に似合う気がします。

都会的なシャープなものほど、自分には縁遠い気がするんですもの…。

 

後日談

空手の先生にバレて、怒られた!…ということもなく、その後の練習も無事に行っております。笑

 

そして…後からわかりましたが、夫はピアス反対派だそうです。

こっちのほうが問題だった。

つま子

あら、ごめんね…。

ともあれ(って言っていいのかしら)、40でピアスを開けるというのは、新しい自分に踏み出せたような気がして、楽しい冒険でありました。

 

この先、金属でかぶれたりせずに、ピアスのおしゃれを楽しんでいけるといいなあ。

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子