明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

【水筒・ボトル類の乾燥】水滴は乾くのを待たない。「直接、拭きとる」が自分に合っていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

娘も息子も、水筒をほぼ毎日使っています。

そうすると発生するのが、水筒洗い問題。

悩まされてきたのが、ボトルをどう乾燥させるかです。

振ってもなかなかとりきれない水滴と戦ってみました!

 

 

専門のグッズはあるけど…

「ボトル 乾燥」「水筒 珪藻土」などで検索すると出てくるアイテム。

こういうものがあります。

毎日使うことを考えれば、こうした専用のグッズを持つのもアリなのかも。

 

でもなんとなく、「専用グッズを持たずに何とかできないのかな~」という思いも。

 

自作のアイディアに脱帽!

ブログ友達のsakuさんは、自作していました!

www.sacoo1a.com

 

珪藻土スティックと、フックつきピンチを組み合わせるというアイディア!

 

同じくブログ友達のあきさんも絶賛!

www.ii-toki.com

 

で、私もいそいそと試してみたんです…。

だけど。

 

翌日になって、

「あれ?水滴が残っている…」

ということがしばしば。 

 

これは私が、最初に水滴をきちんと振り切れていないのが悪いと思われる。

しかし何度やってみてもそうなるし、翌朝調べてみて

「今日は乾いてるかな?…乾いていない!!!(涙)」

となるのがちょっとしたストレスに感じるようになってしまいました。

 

残念、私には合っていなかった模様。

(あきさんもやってみて大丈夫だったということですし、方法が悪いんじゃなく私のほうに問題があるのは明白!^^;)

 

ズボラだし雑な私には、「乾くのを待つ」というのが合わないみたい。

「作業した時点で、きちんと乾き切る」方法を目指すことにしました。

 

100均で購入したのは、バーベキュー用のアレ

「バーベキュートング」を購入しました。

たぶんどの100円ショップにもありそう。

 

長さはいろいろありましたが、一番長いものを選びました。

30.5センチでした。

f:id:umet:20200126090908p:plain

 

このトングの先端で、布をつかんで水筒に突っ込み、水滴を拭き取ろうという考え。

 

先日購入したガーゼがあまっていたので、これを使ってみました。

 

布は基本的に何でもよさそうですが、タオルよりも、さらしやガーゼのような、厚みがない布のほうがするっと入りそう。

f:id:umet:20200126090844p:plain

 

そして、トングで布をつかんで、押し込んで入れる。

f:id:umet:20200126090840p:plain

 

難なく入りました。

f:id:umet:20200126090836p:plain

 

くるくるとトングを回したあと、トングを取り出して、中を見てみると…!

 

キレイになってました!

f:id:umet:20200128084958p:plain


あ、水滴が残っているように見えるかもしれませんが、水筒のゆがみです^^;

 

トングの長さは30.5センチあるので、届かないということもなく余裕。

f:id:umet:20200126090832p:plain 

 

息子の水筒もやってみました。

息子の水筒は娘のよりも細身ですが、問題ナシ!

f:id:umet:20200126090823p:plain

 

ピカッとすっきり!

f:id:umet:20200128085018p:plain

気持ちよく乾かすことができました!

 

この方法のメリット・デメリット

「布で水滴をこすりとる」ようなイメージでしょうか。

作業したら、即時に乾いた状態になるのが大きなメリットだと感じています。

何がいいって、待たずにすぐにしまえる。

 

また、このやり方なら水筒に付着していた汚れも一緒に取れるので、奥についた汚れが気になることもなさそう。

この方法なら、定期的に行っている、泡ハイターでの洗浄の回数も減るのでは?と期待大です。

キッチン泡ハイター ハンディスプレー 400ml

 

デメリットは、やはりそれなりにトングが大きいということでしょうか。

とにかく省スペース重視の方には向かないかも。

 

収納はこのように

シンク下の引き出しに入れています。

f:id:umet:20200128085128p:plain

 

この箇所、ザックリ収納にしました。

f:id:umet:20200128085124p:plain

 

水筒類はまとめてポン。

f:id:umet:20200128085120p:plain

 

トングはちょっと背が高いけど、少し斜めにすれば引き出しに収まってくれます。

f:id:umet:20200128085132p:plain


余談ですが、この引き出しは「何でも入る大きな収納」なのでごちゃごちゃになりがちです。

何でも入る引き出しほど、どう使うかを考えなきゃいけないんですよね。

↓こんなことを考えたこともありました。

www.tsumako.com

 

本当は買おうと思っていたアイテム

ところで、このトング。

無印の柄つきスポンジを買おうと思っていました。

(画像:柄つきスポンジ フレーム部:約27.5cm 通販 | 無印良品

 

あれ?意外としっかり高い…!

(300円くらいで買えると思っていた←)

 

ちなみに…

材質はこのようになっていました。

f:id:umet:20200126090853p:plain

 

で、水筒に突っ込んで使うのは、本来の目的と違うので、いわゆる自己責任というやつですね。

f:id:umet:20200126090904p:plain

 

食洗機NG、水気ついたまま放置NGとのことです。

f:id:umet:20200126090859p:plain

 

終わりに

水筒を洗うのは毎日のことなので、 安心・安全・楽で快適な方法を探すのは大事なことだと考えています。

 

たかが水筒、されど水筒。

この先、子どもたちが大きくなるまでずっと水筒は我が家のキッチンにあるんだろうし、しかもその大きさは年々大きくなるはずで。

長い付き合いになるアイテムなので、快適な方法でラク家事がいちばん。 

つま子

楽しく無理なく続けていこうと思います☆

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子