明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

算数セットで足し算・引き算に親しむ。簡単なルールのゲームで子どもと遊んでいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

コロナウイルス感染拡大のための休校措置により、

家庭でできるドリル・ワーク類のほかに、

家で、何かできないかな?と考えました。

 

 

ドリル・ワーク類を手に入れようと思ったけれど

小学校1年生になったばかりの娘。

これまでやってきたドリルは、

「かず」

「とけい」

といったような、3~5歳児対象のものでした。

 

小学校に入学したわけだし、

いわゆるお勉強的なドリル・ワークをやらせてみようかな。

休校も長引いているし…と思い、アマゾンや楽天をチェックしてみました。

 

いろいろなブログで見ている、

「100ます計算」は、いずれやらせたいな、と思っています。

by カエレバ
by カエレバ

 

 でも、机に座って鉛筆を持って…というのが既にハードルが高いなと感じています。

 

算数セットで何かできないかな

教科書などの教材類を小学校に取りに入ったときに、

算数セットもありました。

 

私も小学生のときに使った~!と懐かしくなりながら、

あれこれ見てみました。

すると、私のときには、なかったものを発見。

by カエレバ

 

↑この、左下の、単語帳のようなものです。

4つの単語帳があって、それぞれ、

1.繰り上がりのない足し算(1+1=2から9+1=10まで)

2.繰り下がりのない引き算(2-1=1から10-9=1)

3.繰り上がりのある足し算(2+9=11から9+9=18まで)

4.繰り下がりのある引き算(11-2=9から18-9=9まで)

が綴じられています。

 

アマゾンにはおしゃれなものも売られていました。

フラッシュカード カードゲーム  数学 リング付き 絵本 足し算ゲーム 減算 消去可能 108枚

まずは、「繰り上がりのない足し算」から取り組んでみることに。

私と娘が、2人でできる簡単なゲームを考えました。

 

「答えが○になるもの」を探すゲーム

机の上に、カードを全部出します。

f:id:umet:20200429065404p:plain

私が出題者になり、「答えが5になるものを探しましょう」

と言い、

娘に4+1、1+4、2+3、3+2のいずれかのカードを探してもらいます。

娘「これ!」

私「読んでみて」

娘「4+1=5!」

といったように。

 

出題者役を順番に代わって、カードがなくなるまで続きます。

 

数の大きさを競い合うゲーム

f:id:umet:20200429065640p:plain

カードを2つの束に分けて、

2人でひと束ずつ持ちます。

 

「「せーの!」 」

 

で、お互いのカードを机の上に出し合い、数が大きいほうが勝ち。

娘に読み上げてもらっています。

「5+5=10、7+1=8、ママの勝ち」

と言ったように。

勝った人が2枚のカードをもらいます。

 

出すカードはランダムではなく、あらかじめ自分で選んでOKにしたら、

さらに面白くなりました。

「これはちょっと負けそうかな~」

「あとは強いカードばっかり残ってるな~」

などと言って、相手を翻弄してみたり。笑

 

全部出し終わったら、カードの数を数え(これも勉強になる)、

多く持っていた人の勝ちです。

 

トランプのゲームの「戦争」と、ほとんど同じルールですね!

戦争(せんそう)のルールと遊び方 | トランプの遊び方

 

終わりに 

足し算で慣れてきたら、引き算をやろうかなと思います。

そして繰り上がり、繰り下がりのあるものを加えて、

ゆくゆくは、全部のカードを使ってやったら、エンドレスでできそうです!^^

つま子

楽しく、数字に慣れてくれたらと思います

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子