明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

シュロほうきでの掃き掃除を始めました。ちりとり不要で簡単にごみを取る方法。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

今日は、掃除の話です。

 

 

シュロほうきを持っています

2014年に購入したものです。

「ほうきは一生使える」と何かの本に書かれていて、

ポンと買ったんですよねえ…。

強気だったのか、確信があったのか、それとも何か大物を買ってストレスを解消したかったのか…。

 

私が購入したお店ではもう販売を停止してしまったようですが、

長さもお値段もこれくらいでした。

 

勢いよく買ってみたのですが、しかし、活躍するのはどうしても「マキタ先生 」ことコードレス掃除機のほう。

 

マキタ先生は使いやすくていいのですが、

せっかく購入したシュロほうきも何とかして活躍させたいな、と思っていました。

 

シュロほうきを使ったお掃除

ほうきがものめずらしくて、娘が手伝ってくれました。

f:id:umet:20200612045913p:plain

 

キッチンからダイニングの、無垢床の部分を掃いていきます。

f:id:umet:20200612045917p:plain

 

そして集まったごみはこんな感じ。

お米粒や乾ききった麺の切れ端、小さいホコリが多いです。

 

汚画像で失礼いたします…。

f:id:umet:20200612045921p:plain

 

ごみを集めたら、今度はちりとりの番。

しかし、我が家にはちりとりがないんです。

 

どうしようかな、ティッシュでつまもうかしら、と思いましたが、

いいアイディアを思いついた!

少し濡らした、使い捨てのキッチンタオルで全部まとめて取ることです。

 

近くに、キッチンで使っているごみ受けを構えておきます。

すでに何度も使ってヨレヨレになっているキッチンタオルは、最後のお仕事。

ごみを全部まとめて捨てました。

f:id:umet:20200612045925p:plain

 

キッチンの働き者たち。

by カエレバ
by カエレバ

 

まとめてポイ。

f:id:umet:20200612045934p:plain

ついでに床も拭けるし、いいことずくめでした。

使い古しのキッチンタオルがないときは、これを借りることもできる、と気づきました。

無印の卓上ほうき。

www.tsumako.com

 

卓上ほうきは小さいので、床を全部掃くのは大変だけど、

ちりとりもついているし、最後にごみをまとめて集めるのは得意です。

ごみを集めるときだけこれを利用するのもいいな。

 

掃いた後は、足が気持ちいい

これは、娘の言葉。

f:id:umet:20200612045909p:plain

そうなんです!

素足で歩き回る夏は、小さなごみを踏むと不快なんですよね。

でも、シュロほうきで掃いた後は、足がサラサラで気持ちがいいです。

 

終わりに

電動の掃除機、「マキタ先生」のほうが当然、細かいごみには強いです。

でも、朝静かに掃除したいときや、短時間で終わりたいときなどは、シュロほうきのほうが優秀だと思いました。

ほうきなら、充電が要らないのも魅力です。

 

それから、ほうきを静かに動かす作業はなんだか心が落ち着く。

掃き清めていくうちに、心も整頓される気がします。

つま子

掃除機とほうきを使い分けて掃除したいと思います 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子