明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

小学生のときの作文集が出てきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

実家に顔を出したら、母が、私が小学生のときに書いた作文のファイルを出してきました。

f:id:umet:20200709045845p:plain

 

およそ30年前のもの…。

そう、このとき私、タツノオトシゴブームだったんですよね。

懐かしい。

 

小学校3年生から、6年生までの作文が入っていました。

 

「一行日記」みたいなものも。

f:id:umet:20200709045829p:plain

・学校から帰ってから、ベランダでわたしがジャガイモに水をやった。

・学校から帰ってから、二階でわたしが、おり紙をして遊んだ。

・昼十二時ごろ、おばあちゃんとわたしがおすしをとって食べた。

 ・四時ごろ階だんの下で一人でピンポン野球をした。

 

…全体的にさびしい小学生です。笑

 

これは、3年生になったばかりのときの作文。

f:id:umet:20200709045833p:plain

「三年生のべん強は、おもしろいけど、むずかしそうです。」

「わたしは、二年生の時、早く三年生になりたいと思っていたけど、

がんばらなくちゃいけないことがたくさんあるような気がします。」

このときなりに、プレッシャーを感じていたのかしら。

頑張らなくちゃいけないことは、今もたくさんある気がします。笑

 

ごんぎつねの感想文。。。

ということは、これは4年生かな?

f:id:umet:20200709045841p:plain

「わたしも、ようち園の時、どうしてもお友達になりたい子がいた。」ですって。

誰だろう?!思い出せない。

 

「わたしは、ごんの神様のようなせいかくをみならいたい。」

そうなのね…。

神様のような性格って面白い表現だな。神様ってどんな性格なんだろう?

 

将来の夢もありました。

これは高学年のときかな。

「わたしのゆめは、画家になることです。」!!

f:id:umet:20200709045825p:plain

そのときは、そう思っていたんですねえ。。。

しかも、「子どもにもりっぱな画家になってもらう」んだそうです。後進の育成のことまで考えていた…。 

 

もちろんずっと同じ夢を抱えて、夢を叶えていきていく人もいて、

それはとてもすばらしいけど、

なんだか私は、子どものころの自分のことも、自分の夢のことも、ずいぶん遠く感じます。

そのときは、そう思っていたんだね。

 

全体的に面白いので、子どもに、

「ママ、昔、こんなこと書いてたみたいよ」

って、見せてあげようかなと思います。

つま子

ママがどんな子どもだったかを知るのも面白いかな

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子