明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

武士道=筋トレの道?!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

相変わらず淡々と『武士道 Bushido: The Soul of Japan』を読み続けております。

f:id:umet:20200730061248p:plain

 

www.tsumako.com

  

対訳で、日本語と英語を行ったり来たり。

ゆったり読んでいます。

 

先日読んでいたのは、6章の「礼儀(Politeness)」。

こんな出だしで始まります。 

外国人旅行者は誰でも、日本人の礼儀正しさと上品な物腰に感心し、それが日本人の特性であると感じる。

Courtesy and urbanity of manners have been noticed by every foreign tourist as a marked Japanese trait.

武士道 Bushido: The Soul of Japan【日英対訳】 (対訳ニッポン双書)』(p.92-93) 

稲造先生の英語こそが、礼儀正しく格調高く…って感じがします。

 

この章では、

日本人が重んじる礼儀について、そして儀礼について述べられていて、

例えば茶道については、このように説明されています。

太字強調は梅つま子によるものです)

茶道は、茶碗、茶杓、袱紗などの取り扱いに関して一定の方法を提示している。

初心者にとって、それはつまらないものに見える。

しかし、その人はすぐに、その規定された方法が結局のところ最も時間と手間を省く方法であることがわかる。

The tea ceremony presents certain definite ways of manipulating a bowl, a spoon, a napkin, etc.

To a novice it looks tedious. But one soon discovers that the way prescribed is, after all, the most saving of time and labour.

武士道 Bushido: The Soul of Japan』(p.96-97)

 

何故その手順でやらなきゃいけないのか?どうやったって同じじゃん?って、

素人は思いがちだけど、

結局はそれがいちばんの省エネでもあるし、美しいんですよね。

 

例えば空手の型も、一つ一つの挙動に意味があり、洗練されていて、

正しく型を打つと、無駄が全くなく、ただただ美しいなと思います。

 

肉体に関しては、こんな箇所がありました。

小笠原流礼法の宗家は、次のように述べている。

「礼道の要は、心を練るにあり、礼を以って端坐すれば、凶人剣を取りて向うとも害を加うること能はず」。

つまり、正しい作法を日々鍛錬することによって、自らの身体のあらゆる部分と機能を完全なる秩序へ、身体そのものと身体を取り巻く環境との調和へと導き、肉体における精神の支配を体現するということを意味している。

The Ogasawara, in the following terms: "The end of all etiquatte is so cultivate your mind that even when you are quitely seated, not the roughest ruffian can dare make onset on your person."

It means, in other words, that by constant exercise in correct manners, one brings all the parts and faculties of his body into perfect order and into such harmony with itself and environment as to express the mastery of spirit over the fresh.

武士道 Bushido: The Soul of Japan』(p.98-99)

 

ここ!

これ、まさに「筋トレのことだ…!」と思いました。

 

正しい作法を日々鍛錬すること」というのは筋トレやストレッチを想像します。

そして、それによって、「身体のあらゆる部分と機能が完全なる秩序」に導かれる…!

 

今の私の身体がどうかというと、「完全なる秩序」には程遠いです。

だから「身体そのものと身体を取り巻く環境との調和」が取れていなくて、

便秘になったり、着たい服が着れていなかったりする…。

 

その結果、「肉体における精神の支配を体現」どころか、

肉体が精神のほうを支配しちゃってるわけです。

食欲によって!!!!恥ずかしい~

 

私、ちょうど2年前にも、ダイエットの日記を書いていました。

そこに、こんなことを書いていました。

心の入れ物としてのこの身体(→おなか)は、これでいいのかなあ?(→だめ)

身体がしている無意識の行動(→つまみ食い)は、心の目指す方向と合っているのかなあ?(→合ってない)

やせたい理由も変わってきた。おなかも食生活もミニマリストになりたい。 - 明日も暮らす。

このころから、思ってはいたんですよね。

「心と身体と行動を一致させたい」って。 

 

それにしても、世の中に筋トレの方法の多々あることよ!

マシン、自重トレ、ダンベル、チューブ…。

 

1日は24時間しかないわけで、その生活の中で確実に筋トレを取り入れていくには、

何をどれくらいやればいいのか。

きっと、正しい答えは、時間が短く、シンプルで、かつキレイな方法だと思うので、

それを信じて、自分に合う筋トレを探してみたいと思います。

つま子

筋トレはきっと「心と身体と行動を一致させる」方法のひとつなんじゃないかな☆

筋トレで、私の武士道を実現できたらいいなあ…と思うのでした。

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子