明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

エクササイズと英語学習の両方を、私がしたほうがいい理由。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

読者の皆様におかれましては、

何故、私が毎日粛々とエクササイズおよび英語学習をしているのか、

不思議だなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

特段、仕事に英語が関係があるわけでもなければ、

体が動かすのが好きなわけでないのに。

 

…実は、私にもよくわかりませんでした!

 

 

筋トレの、必要性と楽しさ

でもこの間、Testosteroneさんのツイートを見て、気づいたことがありました。

Testosterone/久保孝史 文響社 2018年04月27日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

Testosteroneさんいわく、 

 

うーむ!

なるほど。

私、体を動かすことは基本的には好きではないんで、

「ただシンプルに超楽しいから」の部分はあまり納得はできないものの、

筋トレには、「必要性と楽しさ」が組み合わさっているんだとは理解できました。

 

このツイート、英語学習についても同じようにいえると思うんです。

 

つまり、

「何が目的で英語学習してるの?」には、知的快楽、ストレス解消、スゴいと言われたい、知的アップデート、脳の老化防止、教養、賢くなりたい、自分を好きでありたい、ただシンプルに超楽しいから等無限の回答があるので、「なぜあなたは英語学習してないの?」と逆に問いたい。

 

ともいえると思ったんです。

どちらかというと私にとって、好きなのは、

エクササイズ<英語

です。

だからこっちのほうがすんなり理解できる。

 

エクササイズと英語学習の共通点

こうやって考えると、エクササイズと英語学習ってすごく似ているな、と思いました。

 

たとえば、

英語学習で言われる、いわゆる4技能「話す・書く・聞く・読む」」は、

エクササイズ界でいう「有酸素運動、筋トレ、ストレッチ、バランスのよい食事」みたいなものかしら?

 

そしたら、

英会話学校に通うのは、エクササイズの世界でいえば、ジムに通うようなもの?

 

そういえば、アプリで英語学習することもできるけど、

筋トレや有酸素運動用のアプリもありますね。

オンライン英会話レッスンがあるように、

オンラインヨガもあるし。

 

英語学習の有名な殺し文句といえば、

「中学英語だけでペラペラになれる!」だけど、

これをエクササイズや減量の世界で言うんだったら、

「1ヶ月で5キロやせる!」「2ヶ月で腹筋割れる!」とかが当てはまりそう。

 

うーん、考えれば考えるほど、似ています。笑

「ボディメイク」ということばがあるけど、

いうなれば英語学習は、「アタマメイク」なのかしら。笑

 

筋トレしたり英語を学んだりするのは不自然だと思ってた

もうひとつ、エクササイズと英語学習が似ているのは、

「なんか不自然な感じがする」ことだったんですよね。

 

だって普通に暮らしていれば、筋トレなんてしないし。

(筋トレ好きな方、すみません!)

 

英語だって、日本の言語環境では、話す必要なんてないし。

 

なのに、わざわざそれをする時間を作るのって、ものすごく自然に反しているような気がしていたんです。

なんでまた、好き好んで?

わざわざ時間を割いてまで?と思ってた。

 

なんといっても、私はつい最近までこう思っていましたから…。

私が英検1級を取得したときの話と、今の自分の英語教育観。 - つまがたり

 

でも、そんな私が、両方、必要性を感じたんですよね。

「エクササイズも、英語も、やったほうが、自分のために、良い」と。

 

英語は、しゃべるだけでストレス解消になる。

意外と日本語では言いにくいこと、言える相手が見つからないことを、

見ず知らずの、海外の英語の先生になら、さらっと伝えられて、

それが自分の心を軽くしてくれるということが多々ある、と実感してしまいました。

www.tsumako.com

 

普段自分が日本語と不可分なぶん、英語を話す時間をとることで、

日本語とべったりな自分のアタマを、少しほぐして、気持ちよくクールダウンしてくれる。

 

エクササイズのほうは、残念ながらあまりセンスや適性、才能はないほうだとは思う。

悲しい

 

だけど、さすがに私にも、気持ちいい汗というのは流れるみたいで、

汗をかいたら「あ、ちょっとすっきり!」とは思います。

インドア人間だけれども、エクササイズは、それ自体、まあまあ楽しむことも一応できるんですよ。

 

そして、筋トレも英語学習も、それ自体は日常生活で必要のない動作に見えるけど、

それが自分の自然体をバックアップし、自分をパワフルにしてくれるものだと気づいてしまいました。

「老後のため」にするものではなく、その過程自体に意味があり、楽しめるものだとわかってしまったのです。

遅い。。。

 

というわけで、私が英語を学び、エクササイズをする理由

普段からエクササイズしていれば体力もつくし、怪我もしにくくなる。

抵抗力もつくし、風邪も引きにくくなる。

普段から英語を話すようにしていれば、いざと言うときに言葉が出るようになるし、

思考回路が活性化されるから、自分の(日本語での)普段の思考もまとまりやすくなる。

どちらもそれ自体が、ストレス解消になり、気分転換にもなる。

 

今では私は、エクササイズも、英語学習も、

日常生活とともにあり、人生を豊かにするものだと気づきました。

 

でもね。現実というものは、あります。

エクササイズをしたからって、モデル体型になるわけでもないし、

英語を学んだからって、英語の母語話者みたいになるわけでもないです。

そこはわかってる。

それでも、やったほうが楽しいんです、私は。

理想には簡単に至らなくても。

プロから見たらよちよち浅瀬で遊んでるようにしか見えなくても。

それでも毎日やってれば、自分なりに嫌でも前に進むんです。

プロになれないのを認めるのと同じように、前進している自分も認めよう。 

 

少なくとも、やらない理由の中に安住しているクセに、

「スリムな体型でいいなあ…」

「英語が上手でいいなあ…」

と卑屈になってうらやんでいた自分とは、サヨナラすることができました。

 

どちらも、広く考えれば医療費

病院に行ったり、薬を買ったりするだけが医療費じゃないよなーと考えるようになりました。

医療費なんです。

健康維持費です。

 

アマゾンプライム会員の年会費と、オンライン英会話のネイティブキャンプは!

 

自分の心と体をヘルシーに保つための仕組みは、適切な出費を計上していきたいと思います。

機械と同じで、ちゃんと使うこと自体がメンテナンスですもんね。

つま子

理由がはっきりした今、ますますコツコツがんばろうと思います

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子