明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

【オンライン英会話】30カ国の先生と英語で話して感じたこと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

お久しぶりの投稿です。

お元気でしたでしょうか?

 

私は、日課にしているオンライン英会話で、

「世界の講師と話そうキャンペーン」というものをやっていたので、

それに参加してみました!

 

 

5月から始まったキャンペーンで、7日の時点で12カ国でした。

このときはまだ、

「難しいかもな~…まあ別に絶対やらなきゃいけないわけじゃないし」と思っていたのですが…。

 

 

昨日の10日時点で、23カ国。

ここまできたら、

「勢いでなんとかできそう!」と思い始めて…。

 

 

そして昨晩、子どもたちが寝た夜10時からスタートし、

夜中の2時までかかって達成しました…!

 

見てください!30の国旗が並ぶと圧巻。

 

f:id:umet:20210511064744p:plain

どこの国旗か、おわかりになるでしょうか?

(私は正直、その国の先生とお話したのにもかかわらず、きちんと把握しておらず…お恥ずかしい)

 

では、どこの国の国旗かを、順にご紹介しましょう!

(自分の記憶の定着のためにも。汗)

 

上から順番に5個ずつ区切っていきます。

 

f:id:umet:20210511065822p:plain

フィリピン、セルビア、南アフリカ、アンゴラ、ケニア

 

f:id:umet:20210511065819p:plain

ナイジェリア、アルメニア、ボスニアヘルツェゴビナ、ベナン、エジプト

 

f:id:umet:20210511065815p:plain

メキシコ、マリ、ザンビア、ジンバブエ、ガボン

 

f:id:umet:20210511065813p:plain

ルーマニア、パキスタン、インド、ジョージア、モンテネグロ

 

f:id:umet:20210511065810p:plain

タジキスタン、北マケドニア、タンザニア、カメルーン、アルバニア

 

f:id:umet:20210511065806p:plain

スリランカ、コロンビア、台湾、ベネズエラ、インドネシア

 

というわけでした!

今回習ったすべての先生が、英語を母語としない、ノンネイティブでした。

世界中に、ノンネイティブの英語の先生がいることに驚かされます…!

 

実は、私は普段、フィリピンの女性の先生ばかり選んでいるんです。

(一番気楽に話せるので…笑)

フィリピン以外の先生を選んだことはほぼなかったので、

ここに出てくるアフリカ、中南米、ヨーロッパの国の方とは、

話すこと自体、ほぼ初めてでした。

 

30カ国の先生と話してみて、気づいたことはいくつかありましたが、

「遠い国だからといって、接続や音声が悪いわけではない」と気づけたのは、大きな収穫でした。

 

遠いアフリカの方と話しているのに、音声はクリア、エコーみたいなのもないし、周囲の雑音もまったく入ってこないということもありました。

すごく不思議な感覚です。

 

また、英語を母語としない国の先生でも、育った環境や受けた教育で、素晴らしい教え方の先生にも出会えました。

 

正直、私は女性と話すほうがずっと気楽なのですが、

こういうキャンペーンでは、女性だけを選り好みしていると、いつまでたっても達成できないので、そこはこだわりませんでした。

その結果、年齢もさまざまな男性の先生ともたくさんお話しする機会になりました。

 

これはたまたまかもしれませんが、

「じゃあ、この単語を使って例文を作ってみて」とか、

「この単語の意味を説明してみて」というような、

授業の流れの中にない即興の課題は、

男性の先生により多く質問される傾向を感じます。

 

こういう質問をされると、心の準備をしていないので、こちらは

「エエエ…えーと」となりますが、

とてもよい刺激になりますし、

単語をインパクトをもって覚えるいい機会になると感じています。

 

ちなみに、使った教材は、ほぼどの先生とも「デイリーニュース」というものを選びました。

 

入会しなくても、教材を見られるので、英語学習に興味のある方はぜひ見てみてください。

記事の長さが2~3分で読めるし、音声もついているのでいい勉強になります。

教材|ネイティブキャンプの教材一覧

 

デイリーニュースでは、25分間のレッスンの中で、

単語、文章読解、音読、ディスカッションと、することが多いので、初対面でも流れに乗って会話を楽しめるところがよいのです。

これをフリートークなどにしてしまうと、どんな話題になるかわからず、緊張が高いのです。

しかし、デイリーニュースだったので、初対面の先生とのレッスンでも、話題が尽きたり、言っていることがわからなくなるということに陥らずにレッスンできました。

 

今回のキャンペーンのおかげで、

とても優雅なパキスタンの女性の先生、

誘惑と欲望についての経験談を語ってくれた北マケドニアの先生、

オーストラリアから一時帰国している台湾の先生などなど、

たくさんの先生と知り合うことができました。

何人か、「この先生にまた教えてもらいたいな」と思える先生も見つかって、

自分の「お気に入り」リストに入れたので、

これからのオンライン英会話ライフも、さらに楽しみになってきています。

 

英語が可能にするのは物理的な移動だけではなくて、

精神的な移動もあり、私の場合はそれが楽しくて英語を勉強しています。

もっと勉強してレベルを上げて、TOEICも受けたいです。

 

この間立ち読みしたこちらのフレーズ本は、TOEICの対策本ではありますが、

普段の会話にも使えそうな表現があり、「これなら一石二鳥かも」と思えた一冊です。

英語は、無尽蔵に教材があるので、飽きることがありません。

(その代わり、ゴールもないけど…^^;) 

 

つま子

これからも楽しく英語を勉強し続けたいです

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ

村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブ

ログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子