明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

イチゴ狩りでけんかする姉弟と、悲しみの母。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

先日、イチゴ狩りに行ってきました。

親戚の借りているイチゴハウスです。

 

昨年も、この時期に記事を書きました。

去年は、学校が休校中だったのだよな…。

「懐かしい思い出」というほどには消化できておらず、このころのことを思うとまだ胸が痛いです…。^^;

 

www.tsumako.com

 

今年は、やや時期が遅めだったからか、

イチゴの数は、例年よりも、まばら気味だったかもしれません。

なごりの旬というのでしょうか。

それでも、ぶらさがるイチゴを堪能できる、この景色が好きです…!

 

f:id:umet:20210517085634p:plain

 

たくさんのイチゴが収穫できました。

 

f:id:umet:20210517085629p:plain

 

新鮮なイチゴは、イチゴの内側からの輝きというのでしょうか、

表面の張りが美しいです!

新鮮さよ!

 

去年は、風邪気味で、来られなかった息子。

今年は、7歳娘と、4歳息子、2人とも参加できたのです。

それはよかった。

 

でも、

イチゴ畑についたとたん、

弟は、お姉ちゃんの使っているカゴがうらやましくてたまらない!

 

f:id:umet:20210517090145p:plain

 

「貸して~」

 

しかし、娘も、気に入って使い始めたカゴ、

すんなりとは貸せず。

「ヤダ!違うの使って!!(怒)」

 

見る見る泣き顔になる4歳弟。

 

お願いだから…

平和なイチゴ畑で…

けんかをしないでーーーーーーー!!!

 

f:id:umet:20210517085640p:plain

 

母の忍耐袋が試される休日となりました。

 

そして、泣く4歳の対応に追われ、思ったよりもイチゴは取れず。

予想していたこととはいえ…。

 

ううっ…。1年に1回の楽しみが…。

 

ジャムを作れるかな?と期待したけど、

ジャムを作れるほどのイチゴにはならず。

 

こういうことも、後から思ったり、誰かと話したりすれば、

「子どものことだもん、それが普通だよね~…」

と言えるし、

別にいいのです、イチゴくらい。

健康で、イチゴ畑に来られただけで、なんと幸運でありがたいことか。

それはわかっている…。 

 

でも、その場では、

 

なぜに

イチゴ畑まで来て!

けんかしてるんだよ…

 

と、怒りを通り越して母の悲しみになったのでした。

つま子

いつか平和にイチゴを摘める日が来ますように。

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ

村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブ

ログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子