明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

本を読めない毎日、なんとか本を読むために始めた習慣。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

本を読むのは好きですが、なかなか読むことができません。

そもそも、じっくり本を読む時間がなかったり、

時間があっても、気持ちがなかなかその世界に浸れなかったり。

 

図書館は精一杯利用したいと思いつつ、

せっかく借りた本を、目も通さず返却するということもたくさんあります。

 

これを何とかしたくて、工夫をしてみることにしました。

 

それは、「カフェで本を読むこと」。

 

f:id:umet:20211007071913p:plain

 

R・J・パラシオ ほるぷ出版 2015年07月17日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

時節柄、あまり長居はできないけれど、

カフェだと、家と違って家事もできないし、

コーヒーの香りと、周りの人たちの心地よい、程よい話し声で集中力が作られて、

本を読み始めることができます。

 

f:id:umet:20211007071917p:plain

 

山口雄也+木内岳志 徳間書店 2020年08月01日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

もちろん、ほんの30分程度では、

本を一冊丸ごと読み切ることはできません。

 

でも、「読み始めた」という事実、

そして「続きが気になる」という思いに押されて、

帰宅してからも折に触れて本を開くことができ、

時間をかけて、読み切ることができるようになってきました。

 

私にとっては、「本の世界に入るまで」が、ちょっとしたハードルみたいです。

 

もちろんカフェなので、そのぶんお茶代はかかるわけですが、

美味しいコーヒー、そして居心地の良い場所、さらに本に向かう気持ちをもらう代金…

と考えると、価値があると感じました。

 

カフェで本を開くことができると、

本の世界にも入りやすいし、

ついでにノートも広げて、本の引用をメモしたり、

さらに、最近気になっていたことを整理したり、の時間にもなっています。

 

つま子

日常のささやかな句読点みたいな時間です。

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ

村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブ

ログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子