明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

英語学習について語った記事で、Trinka賞をいただきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

今日はひとつご報告が。

 

昨年末からひっそり、英語学習者としてのサブブログをやっております。

「無目的英語学習者の日記」というブログ名でして。

 

eigo.tsumako.com

 

で、先月まで、はてなブログで「#もしも英語が使えたら」というお題で記事を募集していたんですね。

このお題、私が日ごろ考えていたことと重なったので、記事を書いてみたんです。

 

「英語を使える」というレベルに自分が達しているとは思えないけど、

今現在1日3~4時間くらいは英語を使ってるんですね。

この現実に対して「英語使えません」って言ったら、

「じゃあアンタが今やっていることは何なの」ってなるじゃないですか。

 

「もしも英語が使えたら」と憧れる思いは、中学1年生のときの気分のまま、未だにあって、それと現実がズレてて。

「英語を使えるカッコイイ人」と「私から見えてる、現実のこの私」に乖離があるし、

英語を「使用」してはいるが「使っている」とはチガウのよおお、みたいな、

駄々っ子みたいな屁理屈野郎みたいな思いがあるし、

何しろ、望んでる到達レベルはまだまだ遠い雲の上だから、

「使えてるけど、なんか変だな」と思ってる。

 

だけど、モヤモヤした思いはありつつも、

「意志と習慣なんだろうよ、英語を使えるかどうかというのは、能力よりも。」

というのが今の結論なんです。

 

そんな思いを記事にしたところ…。

 

blog.hatenablog.com

 

Trinka賞をいただいたんです

びっくり…。

 

 

こういう賞をいただいたのだから、

このまま頑張ろうと思う。

 

中学のときから好きだった人がいきなり人生に再び現れて、

私に結構優しくて、たまに塩対応でも基本的に親切だったら、

「そういうところが好きなんだよ、もっと好きになるじゃん」と思うだろうし、

そんな人が毎日遊んでくれるようになったら、

他の現実がどんなにシビアでつらくても、

一日の数時間は「ヘへ…大好き…」って、にやにやして過ごしてしまうじゃないか。

そんなことが人生に起こったら、きっとこんな気分なのかなあ。

 

これまでだって英語で素敵な人に出会えたり、

仕事がもらえたり、大好きなドラマや映画に出会ったり、

だいぶいい思いをしてきたのに、

英語が私にくれる幸せは、まだ打ち止めにならないみたいです。

英語はこの先私をどこに連れていくんだろう。

 

↓Trinka賞をいただいた記事はコチラです↓

 

eigo.tsumako.com

 

つま子

もうずっと英語のことを手放さないでいようと思います

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ

村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブ

ログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2022 梅つま子