明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

素敵なお正月飾り。ためらったけど、でもやっぱりあるといい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日は実家でクリスマス会をしてきました。梅つま子です。

 

昨日は、夫が泊り込みになる日でもあったため、実家で夕飯までもらって帰宅したのですが。

夕方の冷え込むこと冷え込むこと…!

自転車を漕ぐ足が寒すぎる…!

 

だめだ、早急に何か対策をしよう。

楽天で急遽検索してこれを買いました!

探して見つけたのが320デニールの裏起毛タイツ!

これはあったかそうで期待しています。

320ってどんななんだ!タイツの裏起毛ってどんななんだ!

これで自転車ライフが改善しますように…!

 

さてさて、昨日の買い回り記事で、「買いました」だけご報告したお正月飾り。

今日はそのことを書きますよ!

 

何を買ったかといいますと!

これですっ!

 ガラスの鏡餅…!

 

高いけど、素敵!と思ってずっと気になっていたのです。

 

これまでの我が家の鏡餅

いつも、スーパーで売っている鏡餅の一番小さいのを買っていました。

こういう感じの、もう少し小さいものです。

でも、なんとなく扱いかねていたんです。

いつも、どこに置くかでまず迷う。

そして、鏡開きのとき、誰が食べる?いつ食べる?私が食べていい?(食い意地張りすぎる)となるのも、なんとなくもやもやして^^;

さらには、うまく切れなくて指を切りそうになる(不器用すぎる)。

上に載っているみかんとか干支のお飾りはどうしよう、捨てていいのか、とっておくべきか…(優柔不断すぎる)。

どれも小さなことだけど、私にとっては、毎年のように立ち止まる、いろいろな引っかかりどころがあったのでした。

 

おもちに関しては、ふつうの四角いお餅をいただくのが一番すっきりします。^^;

切り餅は、磯辺でいただくのが一番好きで。

いくつでもいけてしまう…!

季節問わずいつでも食べたい。

大好きだからこそ、あえてあまり自分では買いません…。食べ過ぎてしまうっ。

 

で、これの話なのですが。

お値段が、なかなかいいお値段。

でも、スーパーで売ってる鏡餅が350円だとして、約20年使えば、元が取れるではないか(なんだか罰当たりな考え方のような…!)

 

クリスマスの向こうにあるのは、お正月。

クリスマスツリーのない我が家だけど、素敵なお正月飾りを飾りたい。

そう思っていました。 

 

前からリサーチしてまして。

ガラスが素敵だなー!

こういうのとか…。

これもいいわー。

木製もなかなか。 

ただ、どうしてもなかなか、「ご購入手続きへ」に進めないワタシ。

二の足を踏む理由を分析してみました…。

 

1.飾る期間が短い

雛人形、五月人形は2週間くらいでしょうか?

ハロウィンもそれくらい?

クリスマスにいたっては、1ヶ月くらい飾れるのかな?

それに対して、お正月飾りは1週間ちょっとでしょうか…。

ほかのイベントごとと比べて、短い!

 

2.慌しい

クリスマスからのお正月ー!が、せわしないのですよね。

大掃除(しないけど)などいろいろ忙しい時期に、さらにすることを増やすのは、自分の首を絞めていないかと。

 

3.お高い

こんなに繊細な手作業だもの。そりゃ、それなりにしますよね。

 

…と、買わない理由はいろいろあり、です。

素敵な飾りがなくたって、お正月は来る。

 

けど。

でも。

だからこそ、お正月飾りがあるといいのかな!

あるといい理由だって、それはもうたくさん。

 

1.空気から変わる

一気に洋(クリスマス)から和(お正月)へ!

小さなアイテムだけど、それだけで周りの空気まで一新してくれるってすごいよ。

クリスマスツリー(今年は買わないけど、来年か再来年には買いたいと思っています!)をしまい、そしてお正月飾りを出す。という流れができたら楽しいな。

 

2.素敵。かわいい。

素敵じゃないですか。かわいいじゃないですか。ころんとしてて、きらきらしてて。

「毎年、これを飾るのが楽しみ」と思えるような季節ものがあると、生活が明るくなる気がします。 

 

3.福よ来い!

縁起物だもの!きちんと季節の縁起物を飾って、お正月を迎えたい。

 

4.家族の記念

今年は娘4歳、息子1歳。

娘が幼稚園に行く前の、最後の年です。

家族4人、ひっついて過ごした年。

そして、結婚10年目、目前の年でもあります。

言ってみれば、こぎつけなんだけど、そういう年の記念です。

毎年思い出したい。「これを買ったときは、まだ子どもたちが2人ともちっちゃかったわー」なんて。

 

そんなわけで、数ある鏡餅の中から、これを選んだのでした。

ガラスの鏡餅数あれど。

真ん中のリボンがかわいかったのと、すぐに飾れるように台つきのものを選びました。

はあ、いつ来るかな。楽しみだな。 

間違っても、落とさないようにしないと…!

 

娘「ママ、何それ?見せて!」

私「だめ、これは落とすと壊れちゃう…あっ」

ころーん

私「みかんが取れちゃった…!;;」

 

超やりそう。気をつけよう。 

f:id:umet:20171202105029p:plain

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子