明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。 教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

【おやつに】電子レンジで作る、簡単すぎるカルピスゼリー。【いかが】

スポンサーリンク

 冷蔵庫におやつがあると、子どもも大人も、息抜きになる。

そんな風に感じてる梅つま子です。

 

時には、生クリームたっぷりの甘いおやつもいい。

でも、罪悪感少な目の、簡単手作りおやつもいい。

そして簡単に手作りできるおやつなら、なお素敵。

 

今回は、簡単に手作りできて罪悪感少な目のおやつ、カルピスゼリーのご紹介です。

f:id:umet:20180103065712j:plain

火を使わなくていいので、鍋を用意したり、洗いものも少なくていいのも、うれしいポイントです。

 

材料

■カルピス原液

■クッキングゼリー(ゼラチンパウダー)

■水

 

道具

■計量カップ

■電子レンジ

■カップ3個

 

作り方

はじめに、ゼラチンパウダーの溶かし方を確認しておきましょう。

固められる分量は、「250mlに1袋(5グラム)」です。

ただし、「型抜きしない場合は液体を300mlくらいまで増やすことができる」、というところがポイントです。

f:id:umet:20180103070024j:plain

他方の、カルピス。

原液を5倍に薄めるとちょうどいいわけです。

つまり、水:カルピス原液=4:1ですね。(…ですよね?!数学赤点つま子)

 

f:id:umet:20180103070009j:plain

これを踏まえて、

水=240ml

カルピス=60ml

くらいを狙います。

 

まず水を計量。

f:id:umet:20180103070242j:plain

あ、いきなり240ml超えちゃった。

でも気にしない、気にしない~。

 

電子レンジに入れます。

設定温度、70度から80度くらい。

60度でゼラチンは溶けるようですが、カルピスを投入すると温度が下がるので、ここは高めに設定しています。

f:id:umet:20180103070951j:plain

 

アツアツが出てきたら、ゼラチンを入れます。

f:id:umet:20180103071045j:plain

ホントは写真を撮ってる場面でもなく、溶け残らないようにすぐにかき混ぜたほうがいいです!

 

おおむね溶けたところで、カルピスを投入。

300mlを目指しますが…。

f:id:umet:20180103071140j:plain

カルピスを注いだら…

ま、オーバーしますよね!^0^

気にしない~。

(原液が足りないと、ちょっと物足りない水っぽい味になっちゃうので注意です。)

 

カップに入れます。

f:id:umet:20180103071246j:plain

3つに分け入れて、各100mlのゼリーができます。

カステヘルミのボウルは涼しげだし、つぶつぶの模様が目盛りになって、平等に入れることができます。

娘に1個割られて泣きました…。

 

荒熱が取れたら冷蔵庫に入れます。

数時間で固まります。

我が家では、作った翌日のおやつ、という感じです。

 

食べてみた!

「カルピスゼリー食べる?」

「食べるーっ」

「おいしい?食べてるところ写真に撮らせて!」

 

 

「えっ」

f:id:umet:20180103071651j:plain

 

からーん。

f:id:umet:20180103071738j:plain

「えっ」

 

おいしいみたいです(涙)。

カルピスですから。

 

アレンジもできそうです

倍量作れば600mlになるので、6人分作ったり、

一つ150ml入れてたっぷりめのを4個作ったり、

缶詰のフルーツやバニラアイスを乗っけて、パフェ風にするのも豪華で楽しいかも。

 

お正月の、疲れた胃におすすめのやさしいゼリーのご紹介でしたー!

 

f:id:umet:20171202105029p:plain

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子