明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

ニトリの無撚糸フェイスタオルは、バスタオルとしてもおすすめ!ベージュなら汚れも目立たず使えます。

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

 先日読んだ本で、

「愛用しているものは、ボロボロになりがち。

活躍しているものたちには、もっとお金とスペースを配分するべき」

との考えに触れました。

www.tsumako.com

 

そこで、一念発起。

ボロボロ化が止まらないまま、換え時を見失っていた我が家のバスタオルを総取替え。

新しいものに変えました。

(バスタオルは*月に必ず変えよう!という風に以前決めたような気がするんですが…すっかり忘れ去りました^^;) 

 

これまで、バスタオルは最近いつも、楽天で注文していました。 

 

でも、思い立ったら「今換えたい、今日換えたい!」思いが募ったため、

自分で出かけられる店舗で購入することにしました。

 

 

ニトリの無撚糸フェイスタオルを選びました

選んだのは、ニトリの無撚糸フェイスタオル。

シンプルで、毛足が短いところが気に入りました。

f:id:umet:20180806051005p:plain

バスタオルに関しては、私はいつもベージュ系のカラーを選んでいます。
 
なぜなら、きれいに洗ったようでも、思わぬ洗い残しもあるもの(特に子ども)。
そして、未就学児が2人もいて、床に何かをこぼしてしまうことが多い生活、
雑巾が間に合わなくて、手近にあったバスタオルでとりあえず拭く!なんて応急処置も担ってくれがちなバスタオル。
 
ぱきっと白いホワイトも、清潔感があって素敵だけど、 
汚れを気にせずふけるのは、白よりもベージュかなと思っています。
 

ニトリの無撚糸タオル 商品情報

今回購入した無撚糸タオルは、こういうものでした。
【商品情報】
抗菌防臭加工 無撚糸フェイスタオル(BDマロック BE 35×80)

カラー:ベージュ
税別370円
サイズ(約): 幅35×奥行80cm
主な素材: 綿100%
●すばやく水を吸うタオル
無撚糸を凹凸をつけて織りあげ、やわらかな肌ざわりに仕上げました。
●ふんわりやさしい肌触り
●抗菌防臭加工
■洗濯機OK(ネット使用)

抗菌防臭加工 無撚糸タオル(BDマロック) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

無撚糸は、「むねんし」と読むそうです。

無撚糸とは、綿を捻らずに糸にしたもの。 捻りを加えていないので固くならず、綿のままのふわふわとしたボリュームと柔らかさが特徴です。 また、繊維の間に細かな隙間ができるので、その部分が水分を吸い、吸水性が高いのも特徴の一つです。

ふんわり無撚糸|今治タオルショップ公式通販サイト | ブランド認定SHOP

 

大きさも、我が家ではこれで十分。

フェイスタオルをバスタオルとして使うときに、気になるのが大きさ。

ニトリのフェイスタオル、サイズは約35×80センチです。。

f:id:umet:20180806051513p:plain

実際に腕にかけると、こんな感じ。 

肘から指先くらいまでの長さです。

 

普段から大きいバスタオルを使っていらっしゃる方には、小さいと感じられるかもしれません。

しかし、我が家でもともと使っていたこのタオルも、「ビッグフェイス」という名のフェイスタオルでして。

こちらのサイズは、約34×84センチ。 

ニトリの無撚糸フェイスタオルが約35×80センチなので、

あれ?さほど変わらないじゃない?と思ったのが、購入の後押しになりました。

 

実際にニトリのフェイスタオルをバスタオルとして使い始めていますが、

小さい子を拭くにはにはむしろ使いやすいです。

夫には「足りなければ2枚使ってもいいよ」と伝えましたが、

夫も、これくらいならぎりぎり大丈夫、のようです。

 

まとめ買いしました!

というわけで…10枚購入しました!

実際には、「4枚購入→6枚購入」というふうに2段階に分けて購入しました。

「やっぱり小さかった~、バスタオルとしては使えない~」と思っても、

4枚なら、洗面所にかけるタオルとしても使用できる(洗面所のタオルとして、10枚は多すぎるので)ので、安全策をとりました^^

f:id:umet:20180806052522p:plain

4人家族の我が家ですが、夫が出勤前にシャワーを浴びたり、公園から帰った子どもたちを水浴びさせたりするので、1人一枚ではとても足りません^^;

毎日洗濯する計算で、10枚がちょうどいい、と思いました。

冬はもう少し回転が落ちそうですが、順番に使っていけば、タオルを休ませながら使えるので、急速なボロボロ化を、少しゆっくりペースにできるかな?とちょっと期待しています。

(ま、いずれはボロボロになるので、そのときはリピートしようと思っています^^)

 

購入後の一工夫、タグのカット

大きめで、存在感を放っているこのタグ。

f:id:umet:20180806052725p:plain

私はこのようにして…。

f:id:umet:20180806052751p:plain

ぐぐっと。

f:id:umet:20180806054939p:plain

引きちぎりにかかります!

ワイルドにいっちゃいますよ!

 

普通はハサミで切るものだと思うのですが、ハサミでチョキチョキ切ると、根元のところが残ってしまうので、手で引っ張って切るのです。

 

若干、タグの白い繊維は残っていますが、うまくいくとこんなふうにきれいに切れます。

f:id:umet:20180806055036p:plain

あ、「うまくいくと」と書きましたが、この方法、実はリスキーです。

失敗するとこんな風に、タグを縫い込んであった部分の糸が切れ、縁がほつれてしまいます。^^;

f:id:umet:20180806055105p:plain

まあ、こうなっても別に使用上は問題ないのです。笑

気になるようなら、上からミシンをかけようと思いつつ、

使用を開始したあとは、これくらいのほつれ、それほど気にならないので、このまま使ってしまっています。

 

いずれにせよ、タグがあると、チクチクしますし、バスタオルに裏表ができてしまうので、私はいつもタグは早めにカットしてしまいます。

 

ビフォー&アフター

以前使っていたものと比べてみます。 

以前使っていたビッグフェイスは、約34×84センチ。

ニトリの無撚糸フェイスタオルが約35×80センチ。

幅はほぼ同じ、長さが4センチ違います。

 

重ねてみると…。

f:id:umet:20180806062734p:plain

意外と大きさが違うような?

ビッグフェイスは、長く使ったので、伸びきったのかもしれません^^;

 

並べたところビフォー

f:id:umet:20180806062858p:plain

ボロボロ化したバスタオルは、たたんで並べたても、既にくたびれているという。笑

 

並べたところアフター

 

f:id:umet:20180806062920p:plain

一方、今回のニトリの無撚糸。新品だけあって、ふんわりします。

幅がスリムなので、少しスペースを余らせた形で、すっきり並べられました。

 

メリット

1.洗濯機のなかで絡まない

以前のバスタオルを使っていたころは、ほかの洗濯物に絡むことが多少、ありました。

今回、バスタオルが短くなったおかげで、ほかの洗濯物に絡まず、きれいに取り出すことができました。

 

2.ハンガーに干したときに、もたつかない

f:id:umet:20180806063020p:plain

干してみたところです。

この長さの差。

f:id:umet:20180806063037p:plain

洗面所からリビングを通ってベランダに持っていくときに、

丈の長いビッグフェイスがもたついていたのですが、短くなったおかげですっきり!

洗濯が楽になったのは、思わぬ良さでした。

 


無事に、ボロボロから新品のバスタオルに取り替えて、すっきりしました!

多少小さくてもかまわない、というご家庭には、ニトリのフェイスタオル、おすすめです。

 

 

今日もいい一日になりますように!

 

↓モノだけでなく、心のほうも、シンプルライフ、修行中です。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

暮らしのブログメディア「もの、ごと。」に参加しております。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子