明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

簡単に作れる、オススメのフィリピン家庭料理。鶏のアドボ(炒め煮)は酸味と甘みでやみつきになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

ネイティブキャンプ をはじめて以来、毎日(毎日のように、ではなく、本当に毎日)フィリピンの方と会話をするようになりました。

 

オンライン英会話はじめたいきさつはこちら。

www.tsumako.com

 

それと同時に、これまで眠っていた私のなかの「フィリピン、なつかしや」の気持ちが急速に加熱。

近所のフィリピン料理屋さんを探そうとしましたが、近所にはなくて電車に乗らないとならなそう。

なかなか行けそうにない…。

そこで、家でフィリピン料理を作ってみることにしました。

 

 

作りたいと思ったフィリピン料理

シニガン

酸味のあるスープです。

メインには豚肉を使ったり、魚を使ったり、海老を使ったりします。

cookpad.com

 

さっぱりしてすっぱくて美味しいのですが、基本的にシニガンミックスがないと作れない…。

タマリンドやカラマンシーといわれる柑橘類でも代用(というかこっちが本物?)できるそうなのですが、いずれにせよ日本で見つけるのは難しい。涙

 

ありがたいことにアマゾンでは販売されていました!

もちろん現地で買うことに比べたら激高ですが、それでも500円程度で手に入るのはありがたい。

Knorr Sinigang sa Sampalok Mix Original 40g シニガンスープの素 40g 6個セット

いつか買ってしまいそうな気がします。

基本的にどんな野菜も入れられそうだけど、私はモロヘイヤと完熟トマトで作りたい。

 

ニラガ

こちらもスープ。牛肉としょうがを入れるのが特徴です。

ポトフみたいな感じですね。

cookpad.com

 

こちらはシニガンのように味付けがいらないのがうれしいけど、コンソメを使ったほうがより食べやすいかも。

チンゲンサイで作りたいな…。

 

ルンピア

これは春巻のことです。

特徴的なのは、ひき肉を入れること。

cookpad.com

 

これならうちの偏食の娘も食べそう。

この間買ったフープロも大活躍しそうだし、作ってみたいです。

by カエレバ

 

春巻をするなら、ついでに作りたいのがこちら。

フィリピンのバナナ春巻、トゥロン。

cookpad.com

 

揚げたてをパリッと食べたい!!

 

アドボ

これもフィリピンを代表する家庭料理。

アドボ自体には「漬け込む」というような意味があるそうですが、

炒め煮みたいな感じかな。

 

お酢としょうゆで味付けします。

それにローリエ、黒胡椒も。

cookpad.com

 

上のレシピでは豚バラで作っているけれど、鶏でもいいそうです。

 

アドボを作りました

専用の調味料が要らず、家にあるものだけでいけそうなアドボをチョイス。

しかし、ローレルだけは必要。

f:id:umet:20200623053155p:plain

なぜか2軒のスーパーで売り切れており、カルディで何とか手に入れました。

ちなみに、ローレルの発音、日本語母語話者を全力で試しにきてます。

「L」と「R」の発音が両方ある…。

Laurelの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

おとなしくbay leafって言おう。あれ、でも複数形にしてbay leavesって言わなきゃいけないの…??

 

アドボの作り方

「豚丼の具を作る感じ」といえばわかるでしょうか。

ある程度キッチンに立ったことがある人ならなんとなく想像がつく作り方、そのままです。

1.サラダ油でたまねぎ(薄切り)、にんにく(みじん切り)を炒める

2.しんなりしたら肉を入れて炒める

3.肉に半分くらい火が通ったら、砂糖(大さじ1)、しょうゆ(大さじ2)、お酢(大さじ1)を加える

4.ふたをして弱火で煮込む

これだけです!

特に気を使う箇所もないし、ある程度目を離したり放置したりしても作れるのが嬉しい。

 

出来上がり

できました! 

手羽しかなかったので手羽で作りましたが、とてもいいお味。

f:id:umet:20200623045804p:plain

しょうゆ×お酢×砂糖ですもんね、はずれがあろうはずもなく。

そこに鶏の脂が加わり、もうご飯何杯でもいける!って感じになっていました。

それに、ローレルと、粒ごと入れた黒胡椒。

これが独特の風味と深みを出してくれていて、たまらなく美味しい。

 

これは豚でも、鶏のモモでも作りたい!と思える味でした。

 

終わりに

フィリピン料理で好きなのは、味の濃いおかずとご飯がどーん!をテーブルに出して、

みんなでワイワイ食べるところ。

そう…お米をたくさん食べるし、お米がはかどるおかずなんですよね。

 

日本みたいに細かいおかずをたくさん出さないし、一汁三菜という概念も当然ながらない(パーティーではもちろんたくさん出るし、ある程度家庭によるんだと思うけど…)。

 

このところ、フープロでたくさん野菜の入ったメインをドンっと作って、あとはご飯で食べようよ!と思ってる私にはピッタリなのでした。

つま子

フィリピン料理レパートリーを増やしていきたいです☆

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子