明日も暮らす。

明日も暮らす。

シンプルで暮らしやすい生活を目指しています。 2013年に娘を、2016年に息子を出産した2児の母。東京近郊在住です。 大学院修了後、教育関係の仕事に就いていましたが、現在は専業主婦です。

愛用していた布ナプキンをやめることにした理由。私の感じたデメリット3つ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おはようございます。

梅つま子です。

 

今回の楽天スーパーセールで買おうかな、やめようかな、と悩んでいたもの。

布ナプキンの話です。

 

妊娠中から、布ナプキンを愛用していました

肌荒れ、かゆみ、かぶれが気になりだしたのは、妊娠前のこと。

6年前になります。

その時点から、布ナプキンを愛用するようになりました。

産後の生理再開後も、布ナプキンのお世話になりました。

おりもの対策、そして産後の尿漏れ対策もあったりして、布ナプキンをしているとなんだかとても安心!という気分になりました。

 

現在は、生理カップのバックアップとして

生理カップをメインに使うようになってからは、 生理カップがほぼ受け止めてくれるので、布ナプキンは「安心材料」という気持ちで使っていました。

 

ただ、生理カップを上手に使えるようになってからは、生理カップが受け止めてくれるので、布ナプキンはそれほど汚れることもないんですよね。

 

特にスーパージェニーのラージサイズを使うようになってからは、安心感半端なしです。

 

布ナプキンのデメリット、気になっていたこと

布ナプキンを使っていて、気になっていたこと、そして、今回やめることにした理由は以下の3つです。

私になりに考えたデメリットです。

1.きれいに洗えているのか

生理カップみたいに、構造が丸ごと目に見えているものを使っていると、その対比で、中身が見えない布ナプキンが、どうにも気になってきて。

つるっと丸ごと洗えるのに対して、布ナプキンは、中の布がどうなっているかはもちろん見えません。

布ナプキンも、ときどきは煮沸するのですが、

つま子

「布ナプキンの中はどうなってるんだろう?きれいに洗えているのかしら…」

と、気になるようにもなってきました

2.通気性問題 

そして、布ナプキンをつけていたことでの、通気性もちょっと気になる。

なんでも、

通気性が悪く、湿度が高い状態が続くと細菌が繁殖しやすくなる

おりものはカラダのサイン|サラサーティ|小林製薬

のだそうです。

つま子

もし、おりもの対策で布ナプキンをつけて、通気性の悪さで細菌が繁殖しやすくなっていたとしたら逆効果だったわけで…

3.プラスナップ、外れてしまう…

また、布ナプキンは、プラスナップでぱちんと留める形式なのですが、ときどき、ほんとにたまにですが、プラスナップが緩んだのか、はずれて便器に落としてしまうことがありまして…!

これ、出先でやると惨劇です。。。

プラスナップ信者な私ですが、これはしょうがない。プラスナップは便利な反面、急に外れることもある。

明け方なんかは、電気をつけずに暗いままトイレに入ることもあるので(トイレから戻ったら再び寝たいから^^;)、うっかりしたら布ナプキンをそのままトイレに流しかねないんですよね。

つま子

つまったら業者さんに来てもらわなきゃならないだろうな…おおごとだ…

というわけで、今までありがたく使っていた布ナプキンですが、「なしにしても、いいのかも」と思うタイミングが到来したわけです。

 

布ナプキンなし生活開始。いけそう!

試験的に、布ナプキンなし生活をやってみました。

これまで、ずっとつけていたので、なしにするとなんだか、スカスカ。笑

ちょっと最初は、ぎこちない。

でも、慣れたら快適!

布ナプキンという、「外に干せない&なかなか乾かない洗い物」がひとつ減る、というメリットもありました。

 

そして、なしで過ごしても、たいしたことありませんでした!

洗濯前にちょっと下着を洗ったほうがいいかもしれないけど、ほんとにチョチョッとで大丈夫そう。

ちょっと今日はおりもの多いかもしれないなあ、という日や、カップだけだとなんか不安だなあ、という日は、エヴァウエアという味方が、私には、あるのでした^^

ナプキン一体型ショーツです^^

 

布ナプキンだって、洗濯機に入れる前に自分でさっと洗っていたわけなので、結局手間は同じどころか、洗い物が一つ減るわけで。

たぶん、下着が直接肌に触れる分、パンツの交換頻度をこれまでよりも多くすれば、それでいいような気がしています。

 

上述のサラサーティのサイトでは(太字強調は梅つま子)、

妊娠時期:胎児を細菌から守るためにおりものの量は多くなります。
20代・30代:女性ホルモンの分泌がピークを迎えて、もっともおりものの量が多くなります。おりもの周期も安定する時期です。
30代・40代:女性ホルモンの分泌が減少するとともにおりものの量も次第に減っていきます。
閉経後:閉経後2~3年たつと、女性ホルモンがほとんど分泌されなくなり、量がぐっと減ります。

おりものはカラダのサイン|サラサーティ|小林製薬

ということが書かれていました。

ということは、「だんだん要らなくなる」わけですね。

うん、40代に突入した私、「ノー布ナプキンライフ」を始めるには、最適のタイミングだったかも。

 

布ナプキンを使っていると安心感はあるけど、その安心感にあぐらをかいてしまうことになる気もしてました。

布ナプキンをしているから、生理中も安心で、特に産後は尿漏れ問題があって、くしゃみの拍子に尿漏れしても安心!と思ってました。

でも、そういえば(?)私ももう、出産してから2年半経ってるし、いつまでも尿漏れ問題でもなかった^^;

つま子

それよりは通気性をよくして、骨盤底筋引き締めていくほうがずっと、自分の体に前向きな気がしてきました…!

終わりに~布ナプキン、ありがとう~

布ナプキンとの出会いは、大きなものでした。

やっぱり肌に優しく、安心感をくれたし、紙ナプキン時代よりも、肌に合っていたんです。

それに、布ナプキンを経験していなかったら、生理カップの使用に踏み切れなかったと思います。

布ナプキンを使うことで、経血が身近になり、やがて「この血を布に吸い込ませる前に捨てる方法はないものか~」と思うようになって、生理カップの使用に結びついたのですから。

買い換えながら6年間も愛用させてもらって、「布ナプキン、ありがとう!」です。

考えてみれば、私の30代の半分を、一緒に歩いてくれたんですもんね。

かゆみ、かぶれ、尿漏れといったトラブルとの付き合いが軽く済んだのは、布ナプキンのおかげだったと思います。

40代になり、必要性も薄れてきたことで、晴れて「卒業」といえるのかな^^

 

というわけで、悩んだけど布ナプキン、購入は見送りです。

つま子

やがてサヨナラ、となりそうです

 

▼【受付中】生理カップワークショップ行います!骨盤底筋のエクササイズもやります!▼

残席わずかとなってきました。お申し込みは、お早めに…!

www.tsumako.com

 

▼エヴァカップとスーパージェニーの使用レポです。▼

www.tsumako.com

 

▼生理カップって、1つ買うと、2つ目がほしくなるんですよ。不思議です。▼

スーパージェニーのラージは、セカンド生理カップにピッタリです。 

www.tsumako.com

 

今日もいい一日になりますように!

 

*:..。o○ 応援クリック、ありがとうございます ○o。..:*

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

プライバシーポリシー

© 2016-2019 梅つま子